サラリーマンの副業はいくらまでばれない?確定申告はいくらから必要?

サラリーマンの副業について

ここ最近の副業OKの流れに乗って、副業を始めた方もいらっしゃると思いますが、収入はいかがですか?

順調に収入が増えてきたという方も多いのではないでしょうか?

 

ただ、副業で順調に収入が増えたとしても、会社にばれるのは・・・と考えますよね?

また、副業で得た収入が多くなると、確定申告をしなければいけないのでは?と考えたりすると思います。

 

今回は、副業はいくらまでなら会社にばれないのか?また、いくらの所得から確定申告が必要なのか?などについてお話していきたいと思います。

 

サラリーマンの副業はいくらまでならばれない?他にばれない方法はある?

サラリーマンの方が副業をしていて、副業だから収入が少なければ、会社にばれないと思っている方も多いと思います。

では、具体的にいくらまでなら、会社にばれずに副業をすることができるのでしょうか?

 

ここでは、サラリーマンの副業はいくらまでなら会社にばれないのか?や、他に会社にばれない方法はあるのか?についてお話していきます。

 

いくらまでなら会社にばれない?

 

副業をしているけれど、会社にそれをばれたくない。

副業での収入が少ないのであれば、申告などの問題もなく、会社にばれないと思っている方も多いと思います。

では、いくらまでの収入なら会社にばれないのでしょうか?

 

結論から言うと、金額の多い少ないにかかわらず、ばれる可能性はあります。

 

というもの、多い少ないにかかわらず、会社からの給料以外に収入を得るということから、あなたの所得は増えてしまいます。

そうすると、収入の金額にかかわらず、住民税などの申告は必要になってきますので、そこから会社に知られてしまう恐れがあります。

では、会社にばれずに副業をするということは不可能なのでしょうか?

 

答えは、100%とは言えませんが、ばれるリスクを減らすことはできます。

次からは、会社にばれるリスクを減らす方法についてお話ししていきたいと思います。

 

特別徴収から普通徴収へ変更する

 

副業をしていて、会社にばれる可能性として一番に考えられるのは、住民税です。

 

通常、サラリーマンであれば、住民税は特別徴収として、会社からの給料より天引きされていると思います。

副業をしていると、収入が会社の給料よりも多くなりますので、会社に来る住民税の通知が高くなってしまい、副業をしていることがばれてしまう可能性があります。

 

それを防ぐために行うことととして効果的なのが、特別徴収から自身で税金を納める普通徴収へ変更するということです。

普通徴収に変更することで、住民税の通知が会社ではなく、自分のところに来ますので、副業によって増えた収入から、税金に変化があったことが会社にはわかりませんので、ばれる可能性を限りなく0に近づけることができます。

 

手続自体も面倒なことはなく、役所に行って担当者に伝えて書類にサインをするだけで終わりますので、より確実に副業をしたいというのであれば、早めの対処をおすすめします。

 

確定申告をする

 

会社に副業をしていることがばれてしまう原因には、確定申告をしていないということもあると思います。

 

いくら以上の所得が合った場合に必要なのかと言うのは、この後に説明しますが、副業によりある程度の所得がある場合には、住民税の申告とは別に、確定申告をする必要があります。

 

確定申告は、その年の所得から、それにかかる所得税や復興特別所得税を納税する手続きを行うものです。

その手続を行わずにそのままにすることは、脱税に繋がってしまい、それが会社に通知されることがあり、そこから会社にばれてしまう可能性があります。

 

ただ、きちんと手続きをしていれば、通知が行くということもありませんので、対象となった場合には、忘れずに行うようにしましょう。

 

副業をしていて、いくらから確定申告は必要なのか?またその他の条件は?

通常、サラリーマンであれば、年末調整をすることで、確定申告の必要はありません。

ただ、副業をしていると、会社で行う年末調整とは別に、確定申告をする必要が出てくる場合があります。

 

ここでは、サラリーマンが副業をしていて、どんな場合に確定申告が必要なのか?また、それはいくらからなのかについてお話ししていきたいと思います。

 

いくら以上稼ぐと確定申告が必要なのか?

 

始めた副業が軌道に乗って、ある程度の収入を得ることができるようになって来ると、確定申告が必要であるということは、先程少しお話してきました。

では、いくら以上の収入があると確定申告をする必要が出てくるのでしょうか?

 

それは、副業での所得が年20万円を超える場合には、確定申告が必要になってきます。

 

ここでポイントなるのが、【所得】という言葉です。

所得とは、副業で得た金額(口座に振り込まれるお金)から、必要経費を差し引いた金額、いわゆる手元に残るお金のことをいいます。

 

この収入をそのまま所得として申告してしまうと、金額が大きくなり、それに伴い税金も高くなってしまいます。

また、所得を正確に計算することで、年20万円に満たないという場合もあり、その場合は確定申告をする必要がありませんので、少し面倒でも日頃の出費などを記帳するようにして、正確な所得を把握するようにすることが重要になってきます。

 

所得以外に確定申告が必要な条件は?

 

サラリーマンが副業をする際に、先程のお話しから出た、所得以外で確定申告が必要な場合があります。

それは、どんな場合なのでしょうか?

 

1.年収2000万円以上の給与所得者

2.複数の会社から給与を受け取っている

3.副業の所得が年20万円を超える場合、一時所得がある場合

 

ここで注意したいのが、複数の会社から給与を受け取っているということです。

副業を個人事業ではなく、アルバイトなど本業とは別の会社に属して行う場合、複数の会社から給与を受け取ることになります。

そうすると、それぞれで年末調整をしても、税金の金額が合わなくなる場合があるため、それを防ぐために確定申告が必要になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

会社にばれずに副業をするために必要なことや、どんな状況で確定申告が必要になるかということはお分かりいただけたかと思います。

 

何もわからず、後から悩んだり後悔したりするよりも、今回のお話しをしっかりと把握し理解することで、純粋に副業を楽しむことができるようになると思います。

 

せっかく始める副業をより有意義に過ごすために、今回のお話しを役立てていただければと思います。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ