今後はサラリーマンの副業がOKな時代に?そもそも副業禁止の理由とは

サラリーマンの副業について

最近のニュースなどを見ていると、【副業解禁】や【副業OKな企業増】などの言葉をよく目にしたり、耳にしたりすると思います。

 

そんなニュースを見ていると、今後は副業OKが当たり前の時代になってくるのでは?と期待してしまう部分もありますよね?

ただ、まだまだ副業が禁止という企業も多いのも事実です。

では、なぜ今の時代にまだ副業を禁止しているのでしょうか?

 

今回は、今後副業OKの時代がくるのか?や副業を禁止する理由はなんなのかなどについてお話ししていきたいと思います。

 

今後は副業OKの時代が来る?

最近よく見るニュースなどから、副業OKの時代が来るのか?ということが注目されています。

はたして、この副業OKの流れ、このまま続いていくのでしょうか?

 

結論からいえば、副業OKの流れは続いていくと思います。

しかも、まだまだ加速していくことが考えられます。

 

ここでは、なぜ副業OKの流れになってきているのかについてお話していきます。

 

働き方改革による変化

政府が推し進めている【働き方改革】の計画には、副業や兼業をこれまで以上に促進していくということが多く盛り込まれています。

これにより、これまでの副業に対する考え方が、【原則禁止】から【原則容認】へと変化していく企業が増えたということが言えます。

 

また、2018年1月に厚生労働省が、【副業・兼業の促進に関するガイドライン】を発表したことにより、今後より副業OKの流れが加速することが予想されます。

 

政府が動いたことで、企業はそれに合わせて動いていきます。

それにより、今後も副業OKの企業が増えていくことが予想されますので、この波がまだまだ広がる可能性を秘めているということが言えます。

 

優秀な人材の確保

副業の解禁は、働く側だけではなく、企業側にもメリットがあります。

そのメリットの中でも大きなものとして、【優秀な人材の確保】があげられます。

副業の解禁と、優秀な人材の確保、一見すると結びつきがないように見えますが、ここには大きな理由があります。

 

というのも、働く側が企業に求めるものが今と昔とでは、少し変化が見られるようになってきたと言えます。

少し前までは、企業に求める大きな理由として、給料の高さがありました。

ただ今は、給料の高さもだけではなく、自由に働く事ができるなどの環境を重視する人が増えてきたと言えます。

 

そういったことから、副業OKなどの自由度の高い働き方ができる企業でないと、確保したい人材が外に流れていってしまうので、それを防ぐために、多くの企業が副業容認の流れになってきていると言えます。

 

人脈拡大がビジネスチャンスになる

企業はチャンスがあれば、自社の事業を拡大したいと思っています。

副業を容認するなどの自由な働き方が、自社の事業拡大などのビジネスチャンスに繋がって来る可能性があります。

 

副業をする時に、今現在の業種と同じものを選ばずに、違う業種を選ぶという方が多いと思います。

副業とはいえ、今までと違う業種に携わる事で、今まででは出会えなかった人たちと交流を持つ機会が多くなると思います。

 

そうする事で、そこで得た人脈が、本業へ思わぬプラスをうむ可能性があります。

企業としては、違う業種から様々な情報やスキルを得る事ができるというのは、事業拡大へ大きなプラスになりますので、これまででは考えられなかった、副業OKへの流れになってきていると言えます。

 

なぜ副業は禁止なのか?

これまで、副業OKの企業が増えてきて、その流れはまだまだ加速するということをお話をしてきました。

ただ、その数はまだまだ少なく、副業を禁止している企業も多く存在します。

 

副業OKの流れは、働く側にとっても、企業にとってもプラスな事が多いと思いますが、なぜ禁止にしているところがまだあるのでしょうか?

 

ここでは、副業が禁止される理由についてお話ししていきたいと思います。

 

本業に支障をきたす恐れがある

副業を禁止にする理由として、最も大きなものといえば、本業に支障をきたす恐れがあるという事ではないでしょうか?

 

通常、副業をする時間というのは、会社が終わった後や休みの日だと思います。

そうすると、本来であれば体を休めて疲れをとる時間も仕事をすることになり、疲れが取れなくなるだけではなく、集中力が低下してしまう恐れもあります。

そういった状態で、本業の仕事をしてしまうと、大きなミスに繋がったりしてしまうので、それを防止するために企業は副業を禁止にしているといえます。

 

情報漏洩の防止

先ほどお話しした通り、副業では本業とは違う業種を選ぶ事が多く、今まで交流のなかった人たちとも情報交換ができるなど、様々なプラス要素があります。

 

ただ、他業種との交流を深める事で、自社の機密が外に漏れてしまう可能性も出てきます。

 

もちろん企業も社員を信頼し、自社の情報漏洩はしないようにするのが当然であると思ってはいますが、情報が漏れる可能性を限りなくゼロにしていくための防止策として、副業を禁止している企業も多くあります。

 

会社に尽くすという考え方

日本では昔から、就職をした会社に100%の力を注ぎ、会社に対して尽くすとい考え方があります。

これは、ひと昔前の考え方と思っている方も多いと思いますが、実際はまだまだその考えを持っている企業も少なくありません。

 

というのも、企業からすれば、企業に障害尽くすという、その精神を入社時から刷り込んでいくことで、優秀な人材を他へ流出するのを防ぐ効果あると思っているため、そのような感が方がまだまだ多いのだといえます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、今後副業OKの時代がくるのか?や副業を禁止する理由はなんなのかなどについてお話ししてきました。

 

働き方に自由があるというのは、考え方を柔らかくしますし、好きなことをできることから、ストレスを溜めにくくなるといえます。

まだまだ、副業禁止の企業も多くありますが、政府自体も動いていることから、今後副業OKの流れは一気に加速していくと思います。

 

今後の流れをしっかりと掴んで、自分にはどの副業が向いているかなどを今から考えて行動していくのもいいのではないでしょうか?

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ