サラリーマンが掛け持ちの副業で警備員は稼げる?平均収入はどれぐらい?

サラリーマンの副業について

最近話題になっている警備員のバイト。

 

仕事終わりにできる副業でもあるため、サラリーマンの方がバイトで本業と掛け持ちすることが多いようです。

 

でも実際警備員の副業ってどれくらい稼げるのか気になりますよね。

 

今回は警備員の副業は稼ぐことができるのか?

平均収入はいくらなのか?

など警備員の収入について紹介していきたいと思います。

 

サラリーマンの副業で警備員は稼げる?

警備員の仕事はどれくらい稼げるのでしょうか?

 

警備員の仕事は基本的に日給となります。

日給の場合一日9000円~10000円くらいが多いようです。

 

 

ちなみに時給の場合だと、900円台が圧倒的に多いです。

中には1000円を超えるものもありますが、1000円を超えるものは、急に人が必要になって募集がかかっていたり、ハードなものが多いので注意が必要です。

 

警備員でハードなものというと、車の誘導だったりが必要な、ただ立っているだけではない警備のことです。

 

そして労働時間は日給、バイト、大体変わりなく、一回9時間労働が多いです。

なので9時間働いたとして900×9で=8100で、一日8100円のバイトということになりまね。

時給1000円で働いた場合は1万円というになります。

 

時給と日給、そんなに差がないように感じますが、どちらかというと日給の方高い案件が多い印象です。

 

警備員の平均収入はどれくらい?

警備員は基本的に一日仕事で最低9時間は拘束されることになります。

稼ごうと思って”毎日”仕事終わりにそのまま副業に行って、また本業の仕事にいくのは少し体力的に無理がありますね。

 

なので基本的に平日に何回か、そして土日の副業になると考えられます。

そうなると日給9000円×12日(週3回として)=108000円。

 

時給一万円だと12万円ということになります。

副業で月10万円余計に収入が増えるとかなり助かりますよね。

 

 

これだけ見ると、警備員の副業はバイトの中ではかなり稼げる方になります。

しかし!

実は良い事ばかりではありません。

 

 

警備員はある状態になると働けなくなったり、意外な出費があったりするので月に安定してこの額を稼げるとは限りません。

次では警備員の収入が変わる要因を紹介したいと思います。

 

警備員の収入が変わる要因3つ

天候に左右されやすい

特に工事現場の警備などが多いですが、これは天候によって左右されます。

雨が降ると仕事自体なくなってしまうので、一概に毎月同じ額が稼げるという保証はありません。

 

じゃあ他の警備員の仕事を探せばいいかと思いますが、警備員の多くが派遣で仕事をすることになります。

その場合、派遣会社が基本的に工事現場しか警備員をださないところなら、梅雨の時期など休みが続く可能性も高いです。

 

研修期間がある

警備員には必ず研修期間がいります。

なので研修中は募集要項に書かれている時給をもらえないことも。

 

最初は警備の道具を買う必要がある

中には警備員の服やヘルメットは自分で買う警備の仕事も多いです。

平均的にはそれが2万円から3万円程度と言われています。

なので最初の月は、いくらか出費をしないといけないことになりますね。

 

悪いことばかりじゃない!警備員のメリット3つ

実際に働いた時間よりもらえる額が多い

警備員の仕事のほとんどが日給ですが、この日給に休憩時間も換算されていることが多いんです。

 

時給の場合も同じです。

休んでいるのに、時給換算されることがほとんどなので、実質時給も少し上がっているということになります。

 

なので実際に働いている時間よりもらえる金額の方が多い、というのが警備員のメリットですね。

 

特に工事現場などの仕事では、仕事を時間通りに切り上げる必要があるため、勤務時間がかなり短くなります。

実際の勤務時間より長くなってしまうことはありません。

 

さらに急なアクシデントや天候で作業が中断になった場合でも、警備員には日給が支払われます。

なので実際の勤務時間より多めの額をもらえることが多いんです。

 

 

もらえる額が高いうえに、時間超過がない、というのが警備員の最大のメリットですね。

 

立っているだけでいい

もちろん忙しいときもありますが、基本的には立っているだけです。

立って周りに注意を払っているだけでお金が発生しているなんてすごいですよね。

 

気楽にできるバイト

基本的に警備員は二人で、交代で立つことが多いです。

なので基本的に一人です。

 

一人なのでその分、人づきあいが苦手でも楽にできるバイトでもあります。

先輩への変な気づかいや、周りに合わせる行動がいらないので、その分自分らしく仕事ができるバイトですよね。

 

まとめ

今回は警備員は稼げるのか、収入はどれくらいなのか、について紹介してきました。

 

基本的に警備員は自分がもらう額より勤務時間が短くですむバイトで、バイトの中では稼げる方だということがわかりました。

 

でも天候によっても仕事の有無が決まってしまい、毎月同じ額が稼げるかはわからないという不安定さもある副業とも言えますね。

 

警備員の仕事をしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ