サラリーマンの副業で開業届は不要?青色申告と白色申告の違いは?

サラリーマンの副業について

サラリーマンの方も、ここ最近の副業OKの流れに乗って、副業を始めたという方も多いのではないでしょうか?

お小遣いを増やしたい、生活に余裕を持たせたいなど、サラリーマンの方々にとって、収入が増えるというのはとても魅力的だと思います。

 

ただ、副業を始めると気になることも出てきますよね?

個人事業主としての開業届や申告についてです。

 

今回は、サラリーマンが副業をするときに開業届は必要なのか?や青色、白色深刻に違いはあるのか?などについてお話ししていきたいと思います。

 

副業でも開業届を提出する必要はあるのか?開業届を出すメリット・デメリットは?

フリーランスとして生活をしている人や、個人でお店などをしている人は提出していると思う【開業届】。

この【開業届】、サラリーマンの副業であっても提出する必要はあるのでしょうか?

 

ここでは、【開業届】は副業でも提出する必要があるのか?また、提出するメリットやデメリットはどんな事があるのか?などについてお話していきます。

 

副業でも開業届の提出は必要!でも・・・

 

サラリーマンの方でも、副業をして収入を得ているのであれば、それは立派に個人事業主です。

個人事業主は、開業届を税務署に提出しなければいけませんので、たとえ副業であったとしても、個人事業主である以上、開業届を提出する必要があります。

 

この開業届、事業を開始してから一ヶ月以内に提出する必要があるのですが、実はこの一ヶ月以内というのを守っていない方が多いのが実情です。

というのも、開業届の提出は、もし提出しなかったとしても、特に罰則がないのです。

ですから、副業をはじめて間もない売上がない状況ではなく、ある程度売上がついてきてから提出するという考えを持っている方が多いと言えます。

 

とはいえ、開業届を提出することで、様々なメリットもありますので、必ず提出するようにしましょう。

 

開業届を提出するメリットは?

 

開業届を提出する必要があるというのはわかったけど、特に罰則がないのであれば、出さなくてもいいかなんて思っている方も多いのではないでしょうか?

 

確かに開業届を提出しなくても罰則はありませんが、提出しなければいけないというルールになっていますし、それだけではなく、提出することで下記のようなメリットもあります。

 

・節税効果の高い青色申告ができる

・屋号で口座を作ることができる

・確定申告書類が送られてくる

・社会的信用が増す

 

開業届を提出することで得られるメリットは他にもありますが、青色申告ができたり屋号で口座を作ることができるというのは、副業として仕事をしていたとしても大きなメリットであると言えるのではないでしょうか?

 

ですから、少し面倒に感じたとしても、なるべく早いタイミングで開業届を提出するようにしましょう。

 

開業届を提出することでデメリットはある?

 

提出しなければいけない開業届ですが、提出することで、少なからずデメリットも生じてきます。

どのようなデメリットがあるのか、下記にまとめてみました。

 

・失業保険を受けられない可能性がある

・年20万円以下の所得でも、毎年確定申告をしなければならない

 

もちろんメリットに比べるとデメリットは少ないですが、事業をしていて失業をしていないと判断されてしまう可能性があるため、失業保険を受けれないというのなどは、かなり大きなデメリットであると言えると思います。

 

ただ、デメリットがあるからといって、開業届を提出しないということはしないようにしましょう。

 

青色申告と白色申告の違いはある?

サラリーマンが副業をはじめて、避けて通ることのできないことといえば、確定申告ではないでしょうか?

この確定申告、【青色申告】と【白色申告】の2つがあるということはおわかりだと思います。

 

この【青色申告】と【白色申告】、どこか違いがあるのでしょうか?

 

ここでは、【青色申告】と【白色申告】の違いについてお話していきたいと思います。

 

青色申告と白色申告の違いは?

 

【青色申告】と【白色申告】の違いを簡単に説明すると、申告が少し難しいけど、納税額を抑えることができるため、節税効果が高いのが【青色申告】、申告は簡単で手間はかからないけど、節税効果がほとんどないのが【白色申告】です。

 

手間はかかるけど、節税効果の高い【青色申告】と手間はかからず手軽だけど、節税効果の低い【白色申告】どちらを選択したらいいのか、日々忙しくしていると難しいと思います。

 

ここからは、【青色申告】と【白色申告】のメリット・デメリットについても少しお話していきたいと思います。

 

青色申告のメリット・デメリット

 

青色申告の最大のメリットといえば、節税効果の高いということです。

というのも青色申告では、青色申告特別控除という、10万円または65万円の特別控除を受けることができます。

これは、総収入から直接差し引くことができるため、所得を実際よりも抑えることができ、納税額を少なくすることができます。

 

ただ青色申告は、開業届を提出していないと申告することができないだけではなく、記帳も複式簿記もしくは単式簿記では無くてはならないなど、申告をするまで少し難しく手間がかかるというのがデメリットであると言えます。

 

白色申告のメリット・デメリット

 

白色申告の最大のメリットといえば、手間がかからず簡単であるということです。

白色申告でも、青色申告と同様、記帳はしなければなりませんが、一部の金額をまとめて記載するなど簡単な方法による記帳が認められているので、手軽にできるという魅力があります。

 

ただ手軽に行える分、青色申告のような特別な控除がなく、納税額が高くなるというデメリットがあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回のお話で、開業届についてや青色、白色申告について少しおわかりいただけましたでしょうか?

 

開業届を提出しなければ行けなかったり、青色、白色を選択しなければいけなかったりと、少し手間に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ただ今の時代、パソコンに便利なソフトが出ていたり、手軽に手続きを行えるツールもたくさんありますので、あまり難しく捉えなくてもいいと思います。

自分にあった方法を見つけて、いい副業ライフを送って下さいね。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ