20万円以下の副業サラリーマンは確定申告不要?マイナンバーでバレる?

サラリーマンの副業について

サラリーマンの副業は20万円以下だったら、申請しなくてもいいって本当?

マイナンバーが導入されたから副業ってばれやすくなった?

 

など申告やマイナンバーって分からない事が多いし、調べたりするのも難しそうで面倒に感じてしまいますよね。

 

今回はサラリーマンの副業20万円以下には確定申告がいるのか、マイナンバーで副業がばれやすくなるのか?

を紹介していきたいと思います。

 

サラリーマンの副業で20万円以下の稼ぎは確定申告が不要?

確定申告って20万円以下はいらない、なんてよく言われますが実際はどうなのでしょうか?

 

実は20万円以下でも、以下の場合確定申告が必要になります。

 

・一か所の場所から給与をもらっている状態で、他の所得金額が20万円を超えている場合

・給与を2か所以上から受けていて、年末調整されなかった給与の金額と他の所得金額(給与所得や退職所得は除く)の合計が20万円を超えている場合

 

サラリーマンは本業で給与をもらっていることになるので、一か所から給与をもらっている状態ということになります。

そしてここから、どんな副業をするかによって確定申告の必要があるかに別れます。

 

 

例えば、サラリーマンをしていて給与をもらっている。

そして副業は給与ではなく、自分で稼ぐ仕事をしている場合。

(これは一つめに当てはまります)

 

例えば個人でブログの運営やライターなどを副業としている時ですね。

この場合は20万円以下なら申告の必要がないということが言えます。

 

 

しかし反対に、普段はサラリーマンで給与所得をもらっている場合。

(これは2つめに当てはまります)

そして週末にコンビニでアルバイトをして、給与をもらっているというとき。

これは2か所から給与をもらっているので、報酬が20万以下でも確定申告が必要になります。

 

 

自分で稼いだ副業や給与は分かりましたが、では株やFXで儲けた副業の確定申告はどうしたらいいのでしょうか?

 

・株

まず株では「特定口座」で源泉徴収あり(株である程度稼げる人の場合)を選んだ場合、証券会社が税金の計算、納税額を出してくれるので20万円以上になる場合は自分で確定申告する必要はないと言えます。

 

ただし、株でお小遣い程度しか稼がない。

または本業を上回るほど稼いでいる場合は、源泉徴収なしを選択し、自分で確定申告が必要になります。

 

なので結果的に他の副業と同じように、基本的に株取引で年間20万円以下、(お小遣い稼ぎ程度しか稼がない)場合は、申告をしなくても大丈夫になります。

 

・FX

FXでは、確定申告の有無に「1ヶ所から給与の支払いがあって、その他の給与所得と退職所得以外の所得の金額が20万円を超える人」

とあるのでFXに関しても、年間20万円以上の収入を越えなければ確定申告の必要はありません。

 

マイナンバーで副業していることが会社にばれる?

副業をしていてもマイナンバーでばれてしまうのではないか、と思う方が多いですが、実はマイナンバーではばれません。

 

なぜならマイナンバー自体、副業を会社にばらすために作られたものではないからなんです。

元々マイナンバーは、社会保障や納税などの手続きの効率UPを目的として作られました。

 

でも副業先で皆一つしかもっていないマイナンバーの提出を求められると、会社にばれてしまうのではないかと不安になってしまいますよね。

 

これがマイナンバーで副業がばれてしまうのではないかと言われている大半の理由です。

確かにマイナンバーを副業にも提出することで、税務署には何でどれくらい稼いでいるのかがきっちり分かるようになります。

 

しかし現在マイナンバーから副業が本業の会社にばれるということはほとんどないと言われています。

 

どんな時に副業がばれてしまうのか?

マイナンバーでは副業がばれないと分かりましたが、ではどんなことをすると副業が会社にばれてしまうのでしょうか?

 

それは住民税の徴収方法です。

 

給与型のアルバイトでは、ほとんどの場合本業と合わせた特別徴収となります。

 

 

もちろん本業の会社では副業をしていることを確認するすべはありませんが、この人他の人より住民税が多いけどどうしてだろう・・?

という疑いは向けられます。

そして呼び出され、質問をされてばれてしまうというケースがほとんどです。

 

 

この場合普通徴収にできれば会社にばれることはありません。

しかしほとんどの場合、普通徴収にすることは難しいと言われています。

 

なのでサラリーマンで給与される形の副業(アルバイトだったり)は、マイナンバーに関係なく年末の住民税で会社にばれやすくなってしまうということですね。

 

ですのでまずは副業の徴収方法がどうなっているかを確認してみて、普通徴収に変えれるかだけ確認してみましょう。

 

まとめ

サラリーマンの副業で稼ぎが20万円以外でも、仕事している職種によって、確定申告が変わることがわかりました。

 

マイナンバー自体で副業が会社にばれることはありませんが、給与で報酬をもらっている人は、一度徴収方法を変えることができないか確認してみる必要がありそうです。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ