サラリーマンのバレない副業バイトとは?平日の夜勤なら大丈夫?

サラリーマンの副業について

毎月のお小遣いを増やしたいと思ったり、生活を少しでも豊かにしたいと思ったりしたことは誰でもあるでしょう。

そのため、副業バイトに興味があり始めてみたいと考えている方も多いと思います。

 

副業バイトを始めることは、行動すればすぐにできると思いますが、気になることもありますよね?

そう、本業の会社にバレるのではないか?ということです。

 

副業OKの会社も増えてきてはいますが、まだまだ副業を禁止している会社も多く存在します。

そういった会社にお勤めの場合、バレずにできる副業はあるのでしょうか?

会社の終わった平日の夜勤であればバレないなんて声も聞きますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

今回は、会社にバレない副業バイトはあるのか?また、平日の夜勤はバレないというのは本当か?などについてお話ししていきたいと思います。

副業バイトをバレにくくする方法2つ

副業バイトをバレにくくする方法として、どのようなことが感が得られるでしょうか。

バレにくくする方法を2つご紹介します。

給与や事業所得ではなく、雑所得として収入を得る

副業バイトを始めたいと思って、まず考えるのが他の会社にアルバイトにいくということや、ネットショップなどを開業して個人事業主として収入を得るということだと思います。

 

ただ、これらで得た収入は、【給与】や【事業所得】となってしまい、所得税や住民税の計算の時に本業の収入と合わせて計算することになります。

そうすると、本業の給料から計算した税金と通知される税金の金額が合わなくなってしまい、バレる可能性が高くなってしまいます。

 

そこで注目したいのが、【雑所得】という言葉です。

 

【雑所得】を簡単に説明すると、アルバイトや個人事業のように継続的に収入を得ることではなく、継続性のない単発的な収入のことを言います。

副業バイトの収入をこの【雑所得】として得ることで、本業の収入と切り離して別で税金を納めることができるようになります。

 

そうすることで通知にズレがなくなり、バレる可能性が低くなります。

確定申告をする

普段サラリーマンをしている人は、年末調整などをしていることから、確定申告をする必要はほとんどないと思います。

ただ、副業バイトを始めて、稼げる金額大きくなってくると、確定申告をしなければならなくなります。

 

決まりでは、本業以外で年20万円以上の所得があったり、アルバイトなどに出ていて、給与を2箇所以上から受けている場合に確定申告が必要になります。

 

確定申告が必要なのにしないでおくことは、脱税に繋がってしまい、そのまま放置してしまうと本業の会社に通知がいくこともあり、バレる可能性が高くなってしまいます。

 

そういったことを防ぐために、条件位当てはまるようであれば必ず確定申告をするようにしましょう。

 

また、可能であれば住民税を給与からの天引きされる【特別徴収】ではなく、自身で納める【普通徴収】へと切り替えておくことで、よりバレるリスクを減らすことができます。

会社にバレない副業バイトとは?

まず始めに、結論からお話ししてしまいます。

完璧に会社にバレずにできる副業バイトはありません。

 

例えば副業として、アルバイトを始めると同僚がバイト先に来てしまいバレてしまったり、収入が増えることで住民税などに差が出て来てしまい、通知の際にバレてしまう可能性も出て来ます。

 

ただ、あくまでも可能性なので、確実にバレるというものではありませんし、先ほど紹介したバレにくくする方法やバレにくい副業は結構あります。

 

バレにくい副業についてもお話ししていきたいと思います。

会社にバレにくい副業バイトとはどんなもの?

ここまでのお話で、副業バイトを会社にバレにくくする方法についてはお分りいただけたかと思います。

ここからは、これまでお話ししたことを踏まえた上で、会社にバレにくい副業バイトについてお話ししていきます。

 

まず大前提として考えたいのが、【給与】や【事業所得】としてではなく、【雑収入】として収入を得るということです。

そうなると、どこかの会社に属してアルバイトすることや、個人事業主としてネットショップなどを開業するのは避けた方がいいと思います。

これだけを聞くとかなりできる副業バイトは限られてしまうと思うでしょうが、【雑所得】として収入を得ることができる副業バイトは結構あります。

 

では、どんな副業バイトがあるのでしょうか?

下記に簡単にまとめてみました。

 

・クラウドソーシング

・アフィリエイト

・FX

・内職

・せどり

 

少しご紹介しただけでも、結構な種類があるのがお分りいただけたかと思います。

 

これらは、原則【雑所得】として申告をすることができますが、アフィリエイトやクラウドソーシングなど継続的に収入を得られるものは、注意しないと【事業所得】として考えられてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、単発的な収入を意識することが重要になるのではないでしょうか?

 

また、どうしても外に出て仕事をしたいという方などは、知り合いのお店などを単発的に手伝うというのも【雑所得】として考えることができる場合もありますので、そうするのもいいと思います。

 

ただ、どこまでを【雑所得】として認めてもらえるのかなどは、なかなか難しい部分もあると思いますので、税務署などに相談するのも忘れずに行うようにしましょう。

平日の夜勤であれば副業バイトはバレない?

副業に詳しい同僚などに、平日の夜勤であれば会社にバレずに副業バイトをできると聞いたことがあるという方もいらっしゃるかと思います。

ただ、本当に平日の夜勤であれば会社にバレないのでしょうか?

時間や曜日は関係ない

平日の夜勤であれば会社にバレないということに対して、結論からお話したいと思います。

働く時間や曜日によって会社にバレないということはありません。

 

先ほどもお話ししたように、副業バイトをバレにくくする方法として、一番効果的なのは、どのように収入を得ているかということです。

 

平日でも夜勤でもアルバイトに出るということは、収入を【給与】として受けることになります。

それは、時間や曜日に関係なく本業の給料と合わせて税金の計算をする必要が出てきますので、バレる可能性は高くなると言えます。

 

そのようなことをしっかりと防ぐためにも、どのように収入を得ていくのかということはきちんと考えていくことをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

会社にバレずに副業バイトをするということは、なかなか難しいということがお分りいただけたかと思います。

ただ、しっかりと対策をすることで、バレる可能性を限りなく下げることはできます。

何もせずにいるよりも、今回のお話から、対策をしっかりと実行に移すことでリスクの回避をしていくことは必要なのではないでしょうか?

 

今回のお話を少しでも参考にしていただいて、安心した副業バイトをして、余裕のある生活を送れるようにして下さいね。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ