副業サラリーマンは確定申告が必要?マイナンバーでバレる事はある?

サラリーマンの副業について

ここ最近の副業OKの流れによって、サラリーマンの方も副業をされている方が増えてきていると思います。

また、副業OKの流れだけど、会社は副業禁止だから内緒で副業をしているという方も少なくないと思います。

 

副業をしているサラリーマンの方々が気にする事といえば、確定申告は必要なのか?や、マイナンバー制度によって副業が会社にバレてしまうのでは?という事ではないでしょうか?

 

今回は、副業をしているサラリーマンは確定申告は必要なのか?や、マイナンバーによって会社に副業がバレる事はあるのか?などについてお話ししていきたいと思います。

 

副業をしていると確定申告は必要?

通常、会社員であれば、年末調整をするので自身で確定申告をする事はあまりないと思います。

ただ、副業をしていると、収入が変わってきますよね?

そういった場合、確定申告が必要な場合もあります。

 

では、確定申告が必要な場合とは、どのような状況なのでしょうか?

 

ここでは、副業をしていて確定申告が必要な場合とは?や、注意点についてお話ししていきたいと思います。

 

副業をしていて確定申告が必要な人

 

副業をしていて、以下の条件に当てはまるのであれば、確定申告が必要になります。

 

1.給与を一箇所から受けていて、他の所得が年20万円を超える場合。

2.給与を二箇所以上から受けていて、年末調整を受けていない所得が年20万円を超える場合。

 

少し難しく見えると思いますが、1は、本業はサラリーマンで、休みの日など空いている時間にクラウドソーシングやネットショッピングなど、個人事業として収入を得る場合、2はアルバイトなど、本業以外の会社に属して給料として収入を得る場合と考えていただけると、わかりやすいのではないでしょうか?

 

これらに当てはまる場合には、確定申告が必要になりますので、副業で得た収入はしっかりと記録しておくことをオススメします。

 

収入と所得は違う?

 

副業で確定申告が必要になるのに重要なのが、本業以外から得る【収入】ではなく【所得】です。

この【収入】と【所得】、お金を得るという事は同じですが、実際は少し違うという事をご存知でしょうか?

 

【収入】というのは、1年間働いて得る金額で、明細などに記載されている金額の事を言います。

一方【所得】というのは、【収入】から必要経費や控除金を引いた金額で、手元に残る金額の事を言います。

 

確定申告をする上で重要なのは、この【所得】の方ですので、細かな出費などでもしっかりと記録しておくようにしましょう。

どのようなものが必要経費として認められるのかや、どの程度の控除を受けられるのかは、それぞれの市町村の役場や税務署に相談する事をオススメします。

 

確定申告は必要なくても申告は必要?

 

ここまでのお話で、副業をしていて、どのような場合に確定申告が必要なのかなどについては、お分かりいただけたかと思います。

副業からの所得が年20万円を超えなければ、確定申告をする必要はないとお話ししましたが、所得自体は変わるのに本当に何もしなくてもいいのでしょうか?

 

答えは、そうではありません。

 

たとえ年20万円を超えない所得アップだとしても、所得自体に変化があることには変わりありません。

確定申告は、所得税及び復興特別所得税などを支払うための手続きで、税務署に行いますが、住民税は税務署ではなく、各市町村役場に申告をする必要があります。

 

この住民税、たとえ年20万円を超えない副業であっても、申告する義務があります。

この義務を怠ってしまうと脱税になってしまいますので、注意して忘れずに申告するようにしましょう。

 

マイナンバーから副業がバレる事はある?

副業をしていて、先ほどのお話しと同じくらい考えることといえば、マイナンバーによって、会社に副業がバレないか?ということではないでしょうか?

 

副業をOKとしている会社であれば、きちんと申告する事もできますが、まだまだ副業を禁止している企業も多いのが事実です。

それでも副業をしたいと思って副業をしている人は、会社にバレないかと日々不安に思っていると思います。

実際マイナンバーから副業がバレるという事はあるのでしょうか?

 

答えば、バレる可能性は限りなく0に近いという事です。

 

ではなぜ、ほぼバレないと言えるのでしょうか?

ここでは、バレない理由などについてお話ししていきます。

 

会社は役所に副業をしているかを確認できない

 

会社にマイナンバーを提出する事で、会社は社員が副業をしているのかどうかを調べることができると思っている人も多いと思います。

ただこれは間違いで、実際は調べる事はできません。

 

というのも、会社側のマイナンバーの利用目的は、厳密に法律で定められています。

現在民間企業に認められているマイナンバーの利用は、社会保障・税に関する書類作成事務のみなので、会社側がいくら役所に問い合わせをしたとしても、教えてもらう事はできないのが現状です。

 

ですから、会社側から副業をしているのかを調べる事は不可能であるといえます。

 

役所が会社に言う事もない

 

マイナンバー制度により、役所から会社に副業に関して何らかの通知が行くと思っている人も多いと思います。

ただこれも、役所から会社に伝える事はできません。

 

というのも、役所も会社と同じで、マイナンバーの利用目的が法律で定められています。

役所のマイナンバーの利用は、個人お所得を正確に把握し、社会保障や税金などの行政事務の効率化すると言う事ですので、会社側に副業を通知するなどの利用はできないシステムになっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、副業をしているサラリーマンは確定申告は必要なのか?や、マイナンバーによって会社に副業がバレる事はあるのか?などについてお話ししてきました。

 

副業がマイナンバーなどから、会社にバレる事はまずありませんが、税務署や役所はあなたが副業をしているという事を知っています。

ですから、バレないからといって何もしないでおくと、税金の請求が正確ではなくなってしまい、それが続くと会社に知られる可能性も出てきてしまいます。

 

それらを防ぐために、確定申告や住民税の申告が必要になってきます。

きちんと申告をし、きちんと税金を納めて、安心安全に副業をして行くようにしていって下さいね。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ