サラリーマンのマンション経営は副業になるのか?

サラリーマンの副業について

副業でマンション経営をしようかと考えている方はいらっしゃるでしょうか?

マンション経営は多額の投資をすることになりますが、成功すればその投資をはるかに上回る利益を出せますよね。

 

そんなマンション経営ですが、家賃収入が会社にばれてしまうのかどうか気になるかと思います。

現在ではマンション経営は副業には該当しないという会社も多くありますが、全部が全部というわけではありません。

 

副業禁止の会社であった場合、マンション経営がばれて副業として扱われてしまったら会社の規約を破ることになります。

そこでマンション経営の家賃収入によって会社にばれてしまうのかをこれから詳しく解説していきたいと思います。

 

マンション経営はばれるのか?

結論から言ってしまうと、何も対策をしていないとばれてしまう可能性が非常に高いです。

マンション経営をしているのを会社に隠すのは難しいことだと思います。

 

その理由はなぜかと言うと、住民税にあります。

基本的にサラリーマンであれば会社の給与から住民税は天引きされるものなので、普段あまり関わりのないことです。

 

しかし、副業分の所得は確定申告をする必要があります。

そして確定申告をすることによって、会社の給与+副業の所得によって支払わなくてはならない住民税の納税額が増額します。

 

税務署から会社の給与+副業の所得による住民税の支払通知書を会社の給与担当をしている人が確認することで異変に気づいてしまうのです。

「会社の給与に比べて住民税が多い」と、それが原因で副業をしていることがばれてしまいます。

 

確定申告をしなければ会社にはばれないかもしれませんが、それは脱税となってしまうので会社にばれてしまうよりも大変なことになってしまうのでやめておきましょう。

 

会社にばれないようにするには

副業でのマンション経営はなにも対策をしていないとなると高確率で会社にばれてしまうものです。

しかし、逆に言えば対策をすることによって会社にばれにくくなります。

どんな対策をすれば良いのかと言うと、住民税を普通徴収に切り替えれば良いのです。

 

住民税は会社の給料から毎月天引きされていますよね。

これを特別徴収と言います。

 

そして、住民税を自分で納付する方法を普通徴収と言います。

副業分を普通徴収にすることによって、会社から天引きされる住民税は会社の給与分だけとなるというわけです。

会社が副業分の住民税を支払うことが無くなるのでばれなくなります。

 

副業分の住民税を普通徴収に切り替えるのは確定申告のときにできます。

確定申告書の第二票の右下に「給与・公的年金などに係る住民税の徴収方法の選択」という項目があります。

そこに「自分で納付」と書いてある項目があるので、そこに丸をつけることで副業分の住民税を普通徴収に切り替えることができます。

 

赤字を出すとばれてしまう

住民税対策で特別徴収を普通徴収に切り替えた、しかしそれでも会社にばれてしまう場合があります。

それはマンション経営で赤字を出してしまった場合です。

 

なぜ赤字を出してしまうと会社にばれてしまうのかと言うと、やはりこれも住民税が影響してきます。

赤字がでることによって、住民税の通知にマイナス分が記載されてしまい、その不自然なマイナスを会社の給与担当などが気付きばれてしまうというわけです。

普通徴収に切り替えたとしても、赤字を出してしまっては会社にばれてしまう要因になります。

 

なるべく赤字を回避するためには経費ではなく資産として計上できるものを計上したり、翌期に計上できるものを先送りする方法というものを利用しましょう。

例として、10万円未満の固定資産は一括の経費とすることができますし、青色申告者であれば総額300万円までなら30万未満の固定資産を一括の経費とすることができます。

これをあえて固定資産に計上して減価償却することによって今年経費になる分を抑えて少しですが経費として計上することが可能です。

 

他にも固定資産税や不動産所得税の未払金を翌年の経費に計上するといった方法もあります。

会社にばれずにマンション経営をするためにも赤字は出さないようにしましょう。

 

マンション経営は副業にならないかも?

ここまでばれずにマンション経営する方法をご紹介してきましたが、そもそも会社に隠す必要が無い場合もあります。

それは先ほども少しお話しましたが、マンション経営は副業として扱われにくいからです。

 

多くの企業では副業を禁止していますよね。

その理由の一つに、副業のせいで本業が疎かになるのではないという懸念があります。

 

例えば極端な話ですが、副業で深夜バイトを入れていたとします。

そうなると本業を終えたあとに深夜バイトをするので体力的になかなかキツイですよね。

そしてその疲れから本業中に居眠りなんてことになってしまう可能性があるわけです。

 

副業を禁止している会社はそうなるのが嫌なんです。

しかし、マンション経営ではそうはなりませんよね。

 

管理業務も管理会社に任せてしまえば負担がほとんどありません。

マンション経営を隠すのに抵抗があると言うのであれば、まずは会社に相談してみるのが良いと思います。

 

まとめ

副業でのマンション経営は何も対策をしていないと高確率でばれてしまいます。

もしも隠し通したいと考えるのであれば住民税などをしっかり対策するようにしましょう。

マンション経営が副業として扱われない会社もあるので、不安であれば相談してみるのも良いです。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ