副業サラリーマンは家賃や車を経費に計上できる?経費と認められる主な例

サラリーマンの副業について

現在社会において、副業は生活に必要不可欠なものになりつつあります。

副業サラリーマンを増えていて、日本企業でも副業を認める流れになっています。

 

サラリーマンが副業をしたときに気になるのは、確定申告です。

確定申告が必要なのに手続きを行わなかった場合、無申告のペナルティが課せられるでしょう。

 

確定申告では、経費を計上することで節税することができます。

折角副業で稼いだ収入なので、1円でも多く手元に残しておきたいのが本音です。

そこで、節税のためにも、確定申告の際の経費を正しく理解しておく必要があるでしょう。

 

今回は、副業サラリーマンの経費について解説します。

家賃や車も計上できるか、気になっている方は多いでしょう。

副業サラリーマンの気になる経費について解説するので、確定申告の参考にしてみてください。

所得税は所得金額から算出される

確定申告をするにあたって、最初にやるべきことは所得金額の計算です。

所属税は所得金額から算出されるため、しっかりと把握しておく必要があります。

 

ここで注意したいのが、所得は収入とは違い点です。

副業をして稼いだ収入が、そのまま所得になるわけではありません。

所得とは、収入から必要経費を差し引いた金額のことです。

 

つまり、副業で利益をあげた金額というイメージになるでしょう。

所得税を納めるときは、できるだけ納める税金を減らしたいと考えるのは当然です。

しかし、必要経費を差し引かずに申告することで、本来よりも高い税金を支払っているケースもあるでしょう。

 

そこで、必要経費をしっかりと理解し、所得税額を抑えることが重要になります。

まずは、収入と必要経費を頭に入れて、所得を計算することが大切です。

必要経費を大きくすることで所得税額を抑えることができるので、節税に繋がるでしょう。

経費と認められる主な例

確定申告においては、必要経費を理解しておくことが大切です。

しかし、副業で経費が発生していることを、あまり意識していない方も多いようです。

特に自宅で自分のパソコンを使って副業をしていると、何も経費は発生しないと考えてしまうでしょう。

 

そこで、確定申告において必要経費だと認められる主な例を紹介します。

意外なものが経費だと認められることもあるので、頭に入れておきましょう。

 

まず、パソコンを使ってフリーランスで副業している方も多いと思います。

例えば、イラストを作成したり、ライターとして記事を書いたり、さらにはアフィリエイト広告などで副業していることもあるでしょう。

このような場合は、収入がそのまま所得になると勘違いしている方も多く見かけます。

ところが、自宅で行っている副業でも、必要経費は存在します。

 

具体例を挙げると、パソコンが必要経費に認められます。

特に10万円未満のパソコンは一括で経費にすることができ、固定資産にする必要はありません。

家庭用と仕事用と使い分けている方なら、パソコンが必要経費と認められる可能性は高いでしょう。

 

ただし、10万円以上のパソコンの場合、条件によっては固定資産として経理処理する必要があります。

10万円以上のパソコンを購入する際は、少額減価償却資産の特例を適用でき一括で経費にできるかを確認しておきましょう。

 

また、カメラ、仕事机、インターネット代、文房具なども必要経費に認められることが多いです。

これらもしっかりと把握しておくことで、所得税額を抑えることに繋がります。

普段仕事で使っているものを、もう一度整理してみてください。

家賃や車は経費に計上できる?

仕事で使っているものは、必要経費だと認められることが多いです。

自宅でフリーランスとして活動している方でも、パソコンなどが経費に計上できることがあるでしょう。

 

他にも、必要経費に認められるか気になるポイントがあります。

それは、家賃や車です。

これらが経費に計上できれば、所属税額を抑えることができるでしょう。

 

意外だと感じる方も多いのが、家賃を経費に計上できる点です。

自宅で副業をしているのに、家賃も経費になることは驚きでしょう。

 

自宅で仕事をしている方は、仕事で使っている部屋の面積があると思います。

例えば、寝室では事業を行わないことが多いでしょう。

自宅の面積から事務所として使用している面積を算出して、経費にすることができるのです。

 

また、事業用として購入した車であれば、購入費用も経費に計上することができます。

さらに、購入費用だけでなく、燃料費、修繕費なども経費に計上できるでしょう。

修繕費には、車検や定期点検も含まれています。

 

自家用兼事業用の車の場合は、家賃と同じで仕事に使っている割合を算出します。

自家用の車を仕事で使っているケースは、珍しくないでしょう。

その場合は事業用として使っている割合を計算し、経費に計上することできます。

 

所属税額を抑えることができるので、割合をしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

サラリーマンに副業において、経費を把握することは非常に重要です。

確定申告では所属税額を抑えるために、少しでも経費計上することが大切だからです。

 

副業のために使っているパソコンやカメラ、文房具などは経費に計上できます。

また、家賃や車なども経費にできる点はポイントでしょう。

 

家賃も車も仕事で使っている割合から、経費に計上できる金額を算出します。

仕事で使っている面積などを計算することで、節税に繋がるでしょう。

 

所得税額を少しでも抑えるために、必要経費を意識して副業をしてみてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ