サラリーマンは年末調整で副業がバレる?ダブルワークがバレない書き方とは?

サラリーマンの副業について

普段はサラリーマンをしているけど、もう少しお小遣いが欲しいなどの理由から、ダブルワークでアルバイトをするなど、副業を行っている方も多いと思います。

 

ただ、年末調整の時期になると、会社に副業をしていることがバレてしまうのではないかと気になりますよね?

会社が原則副業NGの場合、バレてしまうとペナルティーなどがあり、その後の本業に支障が出てきてしまいます。

 

できることなら、会社にバレずに副業をしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

そもそもの話になりますが、年末調整から副業がバレるということはあるのでしょうか?

また、バレル可能性があるのであれば、ばれないような年末調整の書き方などはあるのでしょうか?

 

今回は、サラリーマンは年末調整から副業がバレてしまうのか?バレない年末調整の書き方はあるのか?などについてお話ししていきたいと思います。

年末調整から副業はバレる?

サラリーマンであれば、毎年欠かさず行っている年末調整。

その年の所得を参照して、税金の計算をするためのものですが、この年末調整から、副業をしていることが会社にバレてしまうことはあるのでしょうか?

 

結論から言うと、すぐにバレるという可能性は低いです。

ただ、年末調整後にバレてしまう可能性はあります。

 

では、どのような場合、会社にバレてしまうのでしょうか?

ここでは、副業は何から会社にバレてしまうのか?や、防ぐ方法はあるのかについてお話ししていきたいと思います。

年末調整後、何から副業はバレる?

年末調整をしても、副業についてすぐにはバレにくいとお話しましたが、いったい何からバレてしまうのでしょうか?

 

それは、住民税の金額です。

 

先ほどお話したとおり、年末調整というのは、その年の所得を参照して税金を計算するものです。

年末調整が終わり、しばらくすると会社に住民税の通知などがくることにより、そこから会社にバレる可能性が出てきます。

 

例えば、本業での給与が同じ社員がいるとします。

本来であれば、同じ収入ですから、住民税は同じ金額になるはずですが、副業により収入が増えているとあなたの住民税の方が高くなってしまい、違いが生まれてきます。

 

そうすると、会社としてはおかしいと思ってしまい、そこから本業以外に収入があるのではないか?と疑うようになってしまいます。

 

もちろん会社によっては、きちんと調べない場合もありますが、大抵の場合はおかしなところは調べるようになりますので、バレる可能性が高くなると言えます。

 

ただ、少しの工夫でバレるリスクを大きく軽減することができます。

次では、どうしたらバレるリスクを軽減することができるのかについてお話していきます。

住民税の支払い方法を変更する

住民税の支払い方法を変更することで、会社に副業をしていることがバレるリスクを軽減する事ができます。

 

通常、サラリーマンであれば、毎月の給料から住民税を天引されていると思います。

この支払い方法を【特別徴収】といいます。

 

こちらでは何もすることがなく、決められた金額を支払ってくれますので便利ではありますが、先程もお話したとおり、住民税の金額が会社に通知されてしまい、そこから副業をしていることがバレる恐れがあります。

 

それを防ぐためにオススメなのが、自身で納付書等を使って納める【普通徴収】に切り替えるということです。

 

【普通徴収】であれば、住民税の通知が会社ではなく自分の自宅に届くようになりますので、副業により住民税の金額が増えたとしても、会社に疑われることはなくなります。

 

手続きは確定申告の際にチェックするだけと簡単なのですが、最近は支払い漏れをなくすためなどで、【特別徴収】を推しているのもありますので、どのようにするのがベストなのか、早めに税務署に相談しておくのも必要であると言えます。

ダブルワークがバレない年末調整の書き方はある?

年末調整をしてもすぐにはバレないということはお分かりいただけたかと思いますが、減らせるリスクは極限まで減らしておきたいと思うと思います。

 

最新の注意を払って行いたい年末調整ですが、書き方一つで会社にバレるリスクを減らすことはできるのでしょうか?

 

答えは、書き方に違いはないということです。

 

書き方自体に違いはないので、毎年と同じように提出すればいいのですが、ダブルワークをしている場合、少し注意も必要になってきます。

ここでは、その注意についてお話ししていきたいと思います。

年末調整をするのは一つだけ

年の終わりが近づいてくると、会社から年末調整の書類の提出を求められると思います。

これは、本業の会社だけではなく、ダブルワークのアルバイト先でも同じことが求められると思います。

 

こういった場合、必ず【本業の方だけで提出する】ようにして下さい。

年末調整は、所得法によってメインの給与を受けているとことで行うと決められています。

 

これを破ってダブルワークのアルバイト先でも年末調整をしてしまうと、本来の税金の金額からズレが生まれてしまい、税務署から通知が来たり、最悪の場合、会社に通知が行ってしまいます。

 

そうすると、会社にダブルワークのことがバレてしまう可能性が出てきてしまうので、必ず【本業の方だけで提出する】ようにして下さい。

 

防ぐことができるミスで会社に副業がバレてしまうというのは、非常にもったいないことなので、忘れずに行動することが大切と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ダブルワークの副業は、年末調整をしてもすぐには会社にバレないということはお分かりいただけたかと思います。

ただ、今回お話したような工夫をしておかないと、遅かれ早かれバレてしまうと思います。

 

準備や対策できることは早めに早めに行動を起こして、いざという時に備えておくのも必要だと思います。

今回のお話しを少しでも参考にしていただいて、バレるリスクを最小限に抑えるようにしていって下さいね。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ