副業サラリーマンが赤字で確定申告することのメリットとデメリットとは?

サラリーマンの副業について

今年も赤字になりそう・・。

こんな時、ふと頭をよぎるのが赤字の確定申告ですよね。

 

副業で赤字の時に青色申告すると、本業と相殺してくれて、所得税が返ってくるという夢のような申告方法があるらしい・・。

 

という話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

赤字にも関わらず税金が返ってくるというのは魅力的ですが、良い話にはデメリットも必ず存在するもの・・。

 

今回はサラリーマンが副業で赤字を出してしまったときに確定申告することのメリット、デメリットを詳しく紹介していきたいと思います。

 

副業で赤字の場合、確定申告することのメリット2つ

確定申告するときに迷うのが、白色と青色ですよね。

 

副業の赤字でメリットを得たい場合は「青色申告」をする必要があります。

しかし青色申告は白色申告に比べ面倒な点も多いので、それなりにデメリットも存在する申告方法でもあります。

 

そんな青色申告のメリットはこちら!

所得税が還付される

これは名前の通り、所得税が返ってきます!

 

分かりやすくいうと、例えば本業で50万円もらっていて、副業で10万円の赤字を出してしまった場合。

この場合確定申告すると、本業で稼いだ額と副業で失ったお金を相殺してくれるので40万円稼いだことにしてくれます。

 

そして所得40万円になると、40万円の時に払うべき金額が回収されるので、その差額がもらえるという訳ですね。

 

ただし赤字で青色申告をする際は、厳しいチェックが入るため、わざと赤字にさせたり、不自然な赤字だと必ずばれるので絶対にだめです。

 

3年間負債を繰り越すことができる

赤字が出たけど他の所得から引けなかった!

という場合は、青色申告をすることで3年間の繰り越しができるようになります。

 

どういうことかというと、3年間赤字だった分を、4年目の利益と相殺することができるんですね。

 

なので3年目までで毎年100万、計300万円赤字を出していた場合。

4年目に400万円稼げたら、4年目は赤字の300万円を差し引いて100万円分の税を払うだけでいいことになります。

 

例えば、

・1年目100万円赤字

・2年目100万円赤字

・3年目100万円赤字

・4年目400万円黒字

の場合、4年目の副業で売り上げた金額は、4年分を合計にして100万とすることができるんです。

 

赤字の確定申告、しなければならないデメリット3つ

先ほど紹介した青色申告は、この他にも沢山メリットがある申告書ですが、その分申告者に面倒な作業が多いというデメリットもあります。

 

そんな青色申告するうえで必ずしなければならない、デメリットはこちら。

 

事業所登録が必要

青色申告をするにはまず事業所登録が必要になってきます。

これには期限があって、確定申告を行う年の3月15日までに提出し、承認をされなければいけません。

 

サラリーマンの副業は雑所得じゃないの?

と思いがちですが、所得税の還付だったり、3年間の繰り越しを受けるためには必ず青色申告をしないといけません。

 

青色申告をするためには、まず事業所登録が必要になります。

サラリーマンでも事業所登録できるのか、と疑問に思いますが、副業でも事業所登録することは可能です。

 

なのでまず始めに開業し、個人事業主とならないと、赤字になっても青色申告自体行えないということになります。

 

収支を細かく記入しないといけない

青色申告するうえで大切なのが、詳細に収支を記入することです。

白色申告のように大体の収支の記入ができず、細かく収支が記入出来ていないと赤字で確定申告できません。

 

この作業がとても面倒で、細かすぎる収支の記入が必要になるので専門的な知識も必要になります。

さらに書類の数が多くなるので管理も大変です。

 

会社に副業がバレやすくなる

会社にもよりますが、ほとんどのサラリーマンは税金が会社から天引きされる形になっていますよね。

 

しかし赤字で相殺をして所得が変わると、変わってくるのが住民税。

赤字で確定申告をすると住民税が変わってしまうので、収める額自体が変わります。

 

結果会社に連絡が行き、副業がばれやすくなるということが言えます。

 

ですので副業で赤字になりそうだから青色申告しよう・・・という場合、まず”会社は副業が大丈夫か”を確認しておく必要があります。

 

会社から住民税が天引きされる形でも、自分で支払う普通徴収にできるなら、赤字で確定申告を出しても会社にはばれません。

 

ただしほとんどの会社が社員個人で普通徴収に変えることができないことが多いです。

その場合は残念ですが、副業が会社にばれてしまう可能性は高くなります。

 

まとめ

赤字の時でも青色申告を行うことで、様々なメリットがあることが分かりました。

でもやっぱり赤字で確定申告をして税金を還付されるには、それなりにやらなければいけないことも沢山あるんですね・・。

 

サラリーマンの副業で赤字が続いている、赤字になりそうという方で確定申告を検討されている方はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ