サラリーマン必見!副業をするときの履歴書や職務経歴書の書き方を解説!

サラリーマンの副業について

ここ最近の企業による副業容認の流れに乗って、サラリーマンの方でも副業を始めるという方が増えてきています。

皆さんの中にも副業をしたいと思っている方が少なくないと思います。

 

一言に副業と言っても、個人で仕事を始める人もいますし、アルバイトなど外に働きにでる人もいます。

ただ、ほとんどの人は、外に働きに行くという選択をするのではないでしょうか?

 

そうなった時に少し悩むのが、履歴書や職務経歴書はどのように書けばいいのか?ということだと思います。

本業を持っていないというのであればそこまで悩むことではありませんが、本業があるとどのように書いていいのかわからなくなると思います。

 

そこで今回は、副業をするときの履歴書や職務経歴書の書き方などについてお話していきたいと思います。

副業をするときの履歴書や職務経歴書の書き方

副業をするときに履歴書や職務経歴書をどのように書いていいのかというのはなかなか難しいですよね?

ただ、実はそんな難しく考えることはありません。

いくつかのポイントを意識することでスムーズに書くことができます。

 

ここでは、副業をするときに履歴書や職務経歴書の書き方を、ポイントを押さえつつお話していきたいと思います。

作成はPCでもOK!ただし手書きの部分も加える

最近はPCなどの普及もあり、履歴書や職務経歴書をPCで作成するという方が増えていると思います。

少し前までは、手書きで書くことが当たり前だった履歴書や職務経歴書ですが、PCで作成するのはダメと考えている方も少なくないのではないでしょうか?

 

実は履歴書や職務経歴書は、手書きでなければいけないという決まりはありません。

ですから、PCで作成をしても全く問題がありません。

 

ただ、すべてをPCで作成してしまうと、なんだか機械的な印象があり、面接官によってはあまりいい印象を持たない可能性もあります。

そういった事を防ぐためにも、一部分は手書きで書くようすることがオススメです。

 

実際、どの部分を手書きにするのがいいのかというと、面接を受ける日付と自分の名前です。

他の部分をPCで作成していたとしても、日付と名前が手書きであると、しっかりと作ってきたという印象を与える可能性がアップすると言えます。

 

これは、副業だけに当てはまるわけではないのですが、いい印象を相手に持ってもらうということは非常に大切なことですので、しっかり頭に入れておくようにしましょう。

職務経歴は副業も含めて隠さず書く

皆さんの中には、副業自体を掛け持ちしていたり、本業のことをあまり知られたくないなど、相手に与える印象なども考えて、職務経歴の部分を書かなかったり、省略して書いてしまうという方もいらっしゃると思います。

 

ただこれは、履歴書や職務経歴書などのルールに反していることになりますので、隠さずありのままを書くようにしましょう。

仮に嘘をついて仕事に就いてしまうと、その嘘がバレたときなどに、あらぬ疑いをかけられるなど、勤務を続けていくこと自体が難しくなってしまいます。

 

また、ありのままを書いておくことによって、シフトなどの相談もしやすくなるなど、自分にとっても大きなメリットが出てきますので、職務経歴は必ずありのままを書くよう注意していって下さい。

経歴の書き方に注意する

先程お話したとおり、自身の経歴は隠さずありのままを書くようにしていきます。

ただ、それをどのように書いていいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

では実際、どのように書くのがいいのでしょうか?

 

答えは、入社・退社を含め、1行ずつ分けて書くということです。

下記に書き方の例を簡単に出してみますので、参考にしてみて下さい。

 

平成〇〇年 ○月 株式会社〇〇入社

〇〇として現在在職中

平成□□年 □月 □□入社(アルバイト)

平成□□年 □月 □□退社

平成△△年 △月 △△入社(アルバイト)

現在アルバイトとして在職中

 

上記のように、本業も副業も入社も退社も全てを1行ずつ分けて書くことで、相手にも伝わりやすく、読みやすくなります。

入社・退社が多い場合はまとめて書く

副業などを長くしていると、人によっては多くの入社・退社をしている方もいらっしゃると思います。

そうなってくると、履歴書や職務経歴書に書ききれないということがあると思います。

 

そういった場合には、まとめて書いても大丈夫です。

先程のお話では、1行ずつ分けて書くのがいいと言いましたが、数が多くなってくると、書ききれないだけではなく、相手に伝わりづらく読みづらくなってしまいます。

そうなってしまうのを防ぐためにも、数が多い場合はまとめて書くようにしましょう。

 

実際どのように書いたらいいのか、下記に簡単に例を出してみます。

 

平成〇〇年 ○月 株式会社〇〇入社

〇〇として現在在職中

平成□□年 □月 3社でアルバイトとして勤務

平成□□年 □月 2社でアルバイトとして勤務

平成△△年 △月 △△入社(アルバイト)

現在アルバイトとして在職中

 

上記のように書くことで、スッキリ読みやすくなるのがおわかりいただけると思います。

どこで働いていたか?ということやいつまで働いていたか?などの細かな部分は、面接時に詳しく答えればいいので、副業の数が多い場合などは、相手が少しでも読みやすい履歴書や職務経歴書を作ることが大切になってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

これまで、就職活動以外で履歴書や職務経歴書を書いたことが無いという方も多いと思います。

そうなると、いざ副業を始めるという時に、どうしたらいいのかわからなくなってしまったりすると思います。

 

そうなった時に、事前に準備ができていないと、ただただ慌ててしまい、上手くいかないことも出てきてしまいます。

 

そうなることを防ぐためにも、今回のお話しを少しでも参考にしていただいて、いざという時に備えておくことも大切なのではないでしょうか?

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ