オークションは確定申告が必要?副業サラリーマンは知っておこう!

サラリーマンの副業について

皆さんは、オークションを活用したことはありますか?

オークションは自分がいらなくなったものを買い取ってもらえるので、非常に便利です。

副業として活用して、オークションで副収入を得ている方も多いでしょう。

 

何気なく活用しているオークションですが、実は確定申告が必要な場合があります。

何も考えずに利用して、確定申告をし忘れていたら大変です。

確定申告が必要なケースややり方をしっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。

 

そこで、今回はオークションで副収入を得たときの確定申告について説明します。

オークションは上手に活用すれば、手軽に副収入を得ることができます。

確定申告のことも頭に入れて、オークションを安心して活用しましょう。

オークションって確定申告が必要なの?

まず多くの方が疑問に思うのが、オークションを利用して確定申告が必要なのかどうかです。

確定申告しないといけないことを知らずに、無申告で税務署から電話が来ることは避けたいでしょう。

オークションを始めるなら、必ず確定申告の必要性について頭に入れておいてください。

確定申告の必要性は「売ったもの」で変わってくる

オークションで確定申告が必要かどうかについては、売ったものによっても変わってきます。

オークションで一番よく見られるのが、自分が使っていた服やバッグなどの不用品を売るケースです。

片付けのついでに、オークションを利用している方も多いでしょう。

 

これらのように生活をする上で使っていたモノは、「生活用動産」と言われ売ったとしても課税されません。

なので、一般的なオークションの利用方法では、確定申告の必要が無い場合が多いでしょう。

 

ただし、1個の価格が30万円を超えたり貴金属や宝石、書画、骨とうなどを売ったりするときは注意が必要です。

この場合は贅沢品として扱われ、課税対象になる恐れがあります。

転売目的やハンドメイド商品に注意!

オークションを利用している方の中には、転売目的で活用していたり、ハンドメイド商品で利益を得たりしているケースも見られます。

特に、ハンドメイド商品は人気があるので、オークションを利用して副収入を得ている方も多いでしょう。

 

転売目的の生活用品やハンドメイド商品は、課税対象になるので注意してください。

例えば、リサイクルショップで見つけたレアなバッグを購入します。

そのバッグを売って利益を得れば、たとえ生活用品だとしても課税対象になってきます。

 

さらに、ハンドメイド商品も同じで、ハンド商品を作るときはある程度の利益を目的としているでしょう。

そのため、利益を見込んでいることからも課税対象になってきます。

オークション以外の収入も考えよう

副業サラリーマンの確定申告の場合は、オークション以外の収入も頭に入れておく必要があります。

例えば、アフィリエイトやせどり、クラウドソージングなど全ての副業の所得を合せて考えます。

 

これらの副業の所得を合算して、20万円以上の場合は確定申告が必要になってきます。

たとえオークションで所得が20万円以下であっても、アフィリエイトなどと合せて20万円以上になれば確定申告しなければいけません。

副業サラリーマンの場合は、他の副業にも注意しながら確定申告について頭に入れておいてください。

オークションでの確定申告のやり方

それでは、オークションで確定申告が必要な方のために、確定申告のやり方を説明します。

確定申告が初めての方は、やり方が全くわからないということも珍しくありません。

今回紹介するオークションでの確定申告のポイントを押さえておきましょう。

所得を計算する

オークションの確定申告では、まず所得を計算することが重要です。

なぜなら、税金は所得にかかってくるからです。

 

所得とは、売上金額から仕入れ値や経費を差し引いた金額のことです。

つまり所得は、どれだけの利益が出ているかという数字になります。

 

オークションなどで転売やハンドメイド商品を売っている場合は、必ず仕入れたときの金額もあるはずです。

ハンドメイド商品については、経費がかかることもあるでしょう。

 

確定申告をするときには所得を計算する必要があるので、必ず仕入れ値や経費を把握しておいてください。

オークションの経費は?

税金がかかる所得は、売上金額から仕入れ値や経費を差し引く必要があります。

そこで、オークションにかかる経費が気になる方も多いでしょう。

実は、オークションを利用するだけでも意外と経費が発生しています。

 

例えば、オークションの利用料金です。

オークションを利用している会費も、経費に該当するでしょう。

さらに、プロバイダ料金などの通信費、さらには光熱費も経費になることがあります。

また、送料や梱包にかかった金額も経費となります。

 

これらは経費となる可能性があるため、必ず領収書をもらうようにしてください。

所得の計算も楽になるので、オークションで発生する経費も常に把握しておきましょう。

まとめ

普段から何気なく使っているオークションですが、売るものによっては確定申告が必要な場合があります。

日常生活などで使っていた服やバッグを、もう使用しないからとオークションで売るときは確定申告は必要ありません。

ただし、1個30万円を超えるものや貴金属、宝石、書画、骨とうなど課税対象になるので、注意しましょう。

 

確定申告の際には、所得を計算することが重要になってきます。

所得は、売上から仕入れ値や経費を差し引いた金額です。

オークションでもシステム利用料や送料などの経費が発生するので、これらの領収書を残すようにしましょう。

 

オークションを利用するときは、確定申告が必要かどうかを常に考えておいてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ