副業サラリーマンが経費として計上できるものとは?給与所得との違いは?

サラリーマンの副業について

現在サラリーマンの方で副業をされている方は非常に多いです。

今では空いた時間にできる副業が多く、少しでも生活の足しにしたいと考えるからでしょう。

 

そんな副業では経費が計上されるのか、副業を行っている方は気になるかと思います。

サラリーマンであると経費の代わりに給料に応じて一定の控除されたりしますが、副業では給料という概念はありませんよね。

 

そこでこれから副業では経費がされるのかどうかなどについえて詳しく解説していきたいと思います。

 

経費を計上できるのか?

所得税は本業や副業などの収入を種類によって10種類の所得にわける必要があるのをご存知でしょうか?

そして、その10種類の所得の中に経費として計上することができるものとできないものがあります。

 

経費として計上することが認められる所得は以下の3つのみです。

・不動産所得

・事業所得

・雑所得

これら以外は所得税を経費として計上することが認められていないので気をつけましょう。

例えばアルバイトやパートを副業としている場合、それら給与所得になるので経費として認めることができません。

 

給与所得との違い

先ほども少しお話しましたが、サラリーマンの給料は給与所得となるので経費を計上することができません。

一定の割合で所得控除がされるものの、所得として課税対象になります。

例えば仕事で使うスーツや靴、手帳などが経費として計上されることが無いです。

 

主に副業で得られる所得はそれらのような仕事で必要なものは全て経費として計上することが出来ます。

そのためサラリーマンをしていると本来経費として計上できるものを見落としてしまう可能性があるので、経費になるのかどうかわからないものでもレシートを取っておくのが良いでしょう。

 

経費として計上できるもの

一口に経費と言っても様々なものがあります。

その全てを経費として計上できるものと、一部経費として計上できるものです。

これからそれらをまとめてみるので、副業をしている方は参考にしてみてください。

全て経費として計上できるもの

・販売する商品に関する費用…仕入値や商品の発送費用など

・取引先に関する費用…取引先との食事代、お中元、香典など

・広告費…ネットなどに掲載した広告費など

・賃貸物件に係る税金…賃貸物件の固定資産税など

・賃貸物件の光熱費…賃貸物件に掛かる水道光熱費

・仕事に関する備品…10万円未満のパソコン、カメラなど

・通信費…インターネット代、仕事で用意した携帯代など

 

これらのものは基本的に全て経費として計上することができます。

ただし気を付けて欲しいのですが、例えばパソコンや携帯代というものは仕事用のものでないと全て経費として計上することができません。

仕事とプライベート兼用のものだと一部しか経費として計上することができなくなります。

 

全て経費にならないもの

先ほども少しお話しましたが、プライベートに関わるものは全て経費として計上することができません。

そのように副業にもプライベートにも関わるものは、副業に関わったぶんだけを経費として計上します。

 

例えば自宅を副業の場として利用していたとします。

その場合自宅なのでもちろんプライベートでの利用も多いわけですよね。

 

自宅での副業に掛かるものは家賃、水道光熱費などですが、これらが一部経費として計上できます。

とはいえ一部経費として計上できると言っても、だいたいどれくらい経費として計上できるのかわからないですよね。

 

そのようなときは以下の計算式で計算することができます。

支払金額 × 仕事で使っている割合(事業割合) =仕事に使っている金額

これを家事按分と言います。

 

ただこの事業割合をはっきりと出すのも難しいことですよね。

そのため何カ月分か統計を取っておくのが良いでしょう。

また、それでも良くわからないとなったら税理士の方に相談して決めるのが確実です。

 

領収書やレシートの保存

経費を計上するためには証拠を用意しておかなければいけません。

何々にいくら使ったと口頭で説明したところでその証拠がありませんよね。

口頭で言ってしまえばいくらでもねつ造することができてしまいます。

 

そこで証拠となるのが領収書レシートです。

副業で使ったぶんは必ず領収書やレシートを保存しておくようにしましょう。

 

また、例えば手帳やペンといった消耗品を購入するときはついでにプライベートで使うものも購入することがあるかと思います。

そうして同じレシートに副業用、プライベート用のものが混合してしまった場合は副業用で購入したものにチェックを入れるなどしてわかりやすくしておきましょう。

 

また、領収書やレシートは封筒などにまとめて保存しておくと良いです。

月ごとにまとめておくと管理がしやすくなるので必ずそうしておきましょう。

 

まとめ

副業で経費として計上できるものは様々です。

その全てを経費として計上できるもの、一部を経費として計上できるものとあります。

上手く経費を計上することによって税金対策にもなるので、経費になりそうなものをじっくり調べてみましょう。

また、領収書やレシートを保存するよう習慣づけておいてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

サラリーマンの副業について
サラリーマンの為の副業ブログ