公務員が副業でブログを書くことは禁止?処分される?バレる理由とは?

公務員の副業について

副業が当たり前となりつつある現在では、公務員の方でも副業をしたいと思っている方も多いようです。

最近は副業を許可する自治体もあることから、副業のニュースは注目を集めています。

 

昨今のネット社会では、ネットビジネスも注目されています。

特にブログを使った副業は気軽に始められることから、サラリーマンの方にも人気となっているでしょう。

公務員の方の場合、ブログでの副業も禁止されているのかは気になるところです。

 

そこで、今回は公務員が副業でブログを書くことは禁止されているのかを説明します。

また、バレてしまったときの処分についても気になるところでしょう。

公務員のブログでの副業について説明しますので、参考にしてみてください。

公務員が副業でブログを書くのは禁止?

公務員の方は、法律で副業が禁止されています。

国家公務員の場合は国家公務員法第103条及び第104条で、地方公務員の場合は地方公務員法第38条1に記載されています。

 

公務員が副業を禁止されているのは、本業である公務を第一優先にしてほしいというのは国民の願いが関係しています。

公僕である以上、副業に力を入れ過ぎたために本業に支障が出ることは避けてほしいところです。

 

しかし、公務員と言えども、生活を豊かにするために収入を増やしたいと思っている方も多いでしょう。

公務員でも副業でブログを書くことぐらいなら、大丈夫だと思ってしまうところです。

 

ところが、たとえブログであったとしても、収入がある以上は副業に該当してしまう可能性があるようです。

 

ただし、公務員のブロガーも存在していることから、100%禁止であるかは微妙です。

ブログ収入が副業にあたるのかは、微妙なグレーゾーンになるのかもしれません。

リスクが少しでもあるなら、黙ってブログでの副業をすることは避けたいところです。

 

それでも、ブログでの副業をしたいという公務員の方もいるかもしれません。

そこで、国家公務員法や地方公務員法をもう一度見てください。

これらには、「許可がない限り兼業してはならない」や「許可を受けなければ」などの文言が記載されています。

 

つまり、許可を得ることができれば、公務員でも副業は可能なのです。

ブログは趣味で行っている方も多く、副業とは言いにくい部分もあるかもしれません。

 

上司に相談をしてみる価値はあるでしょう。

相談するときは、あくまでも趣味の範囲内であることや本業に支障をきたさないことを伝えてください。

バレたら処分される?

副業でブログを書いたことがバレたときには、処分されるのかも気になるところです。

ブログであったとしても、それが副業に該当すると判断された場合は処分の対象になってしまいます。

 

減給や停職、最悪の場合は解雇処分となってしまう危険もあるでしょう。

過去には、大阪市の職員が飲食店でのアルバイトが発覚し懲戒処分となったケースもあります。

この方の場合は、停職6か月の重たい懲罰となってしまいました。

 

ただし、ブログを書く副業ではグレーゾーンとなることも考えられることから、バレても重たい懲罰とならない可能性もあります。

公務員ブロガーも存在していることから、バレてしまっても減給で済むかもしれません。

現在のところ、ブログの副業で処分を受けたという公務員のニュースは見つかりませんでした。

 

それでも、副業に該当すると判断された場合は、懲戒処分の対象となってしまうのが実情です。

いずれにしても副業でブログを書く際には、事前に上司に相談をしておくことをおすすめします。

ブログでの副業がバレる理由

ブログ書くことは、匿名でできる作業です。

本名を明かすわけでもないので、バレることもないと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、ブログでも収入がある以上は、バレてしまう危険性があります。

ブログでの収入は雑所得となり、年間の所得が20万円以上の場合は確定申告の必要があります。

 

確定申告が必要なのに確定申告を忘れていると、「無申告加算税」や「延滞税」の支払いを求められることがあります。

こうなると税務署の調査が入り、ブログで副業をしていることがバレてしまうでしょう。

 

また、確定申告をしていても、住民税から副業がバレてしまう場合もあります。

ブログを書いて得た収入は雑所得として、住民税の計算のときに影響してしまいます。

住民税が本来よりも高いことで、上司に収入があることがバレてしまうでしょう。

 

ただし、この場合はブログを書いて得た分の所得に対する住民税を、自分で納付することでリスクを減らすことができます。

確定申告をするときに本業の給与から天引きされる「特別徴収」ではなく、自分で納付する「普通徴収」をえらでください。

これにより、住民税から収入があることがバレるのを防ぐことができます。

 

いずれにしても、ブログを書いて収入を得ることは副業と見なされる危険があります。

懲戒処分などのトラブルを避けるためにも、上司から許可を得ることをおすすめします。

まとめ

公務員の方でも収入を増やすために、副業でブログが書きたいと思う方もいるようです。

副業でブログを書くことは、微妙なグレーゾーンとも言えます。

公務員ブロガーも存在することから、実際にブログで収入を得ている公務員もいるでしょう。

 

ただし、公務員の場合は法律で副業が禁止されています。

ブログでも収入がある以上は、副業と見なされてしまう可能性もあるでしょう。

バレた場合には、懲戒処分の対象になってしまいます。

 

公務員でも許可を得ることができれば、副業は可能です。

懲戒処分となってしまわないように、副業でブログを書くときは事前に相談をしてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

公務員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ