公務員の太陽光発電は副業に当たる?売電収入を得たら処分される?

公務員の副業について

公務員の方でも副業をしたいと考えている方はたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、公務員は基本的に副業が禁止されており、もしも副業をしてバレてしまったときには処分を受けてしまうものです。

 

そこで、太陽光発電で売電収入を得ることは副業に当たるのかどうか気になる方もいらっしゃるかと思います。

確かに副業というには労働があまり伴っていないので、副業として扱われるのかどうか判断しにくいものです。

 

そこでこれから公務員が太陽光発電で売電収入を得ることについてこれからご紹介していきたいと思います。

公務員の太陽光発電による売電収入は副業に当たる?

結論から言ってしまうと、公務員でも太陽光発電で売電収入を得ることは可能です。

とはいえ可能とは言うものの、無条件でできるわけではなくいくつか条件があります。

許可を取る

公務員が副業をするためには原則的に許可を取る必要があります。

そのため副業をすることを隠してはいけないんです。

 

副業をする前にまず上長に許可を取りに行き、そこで許可をもらうことで初めて副業を始めることができるんです。

 

もしも許可が降りなかった場合は残念ながら副業をすることができません。

しかし、太陽光発電での副業は後述する条件に当てはまっているので許可が通りやすいかと思われます。

本業に支障がでないこと

副業をするのに許可をもらうためには、その副業が本業に支障がでない必要があります。

副業の疲れのせいで日々の本業である公務員としての活動に影響があってはいけないんです。

 

その点に関しては太陽光発電での副業では問題がありません。

太陽光発電は設置さえしておけば後は基本的に何もすることが無いからです。

この点から太陽光発電での副業は比較的許可が降りやすいと考えられます。

利害関係が生まれないこと

副業をするうえで、その副業との間に特別な利害関係が発生してはいけません。

利害関係が発生することによって公務の公正性、信憑性の確保に支障が生じてしまう恐れがあるからです。

 

これも太陽光発電での副業であれば問題無いですよね。

他人と関わることが無く、個人でやる副業だからです。

この理由もあるため太陽光発電での副業は許可を得やすいと考えられます。

ばれたら処分される?

比較的太陽光発電での副業はしやすいかと思われます。

とはいえ条件を満たしていても絶対に許可が降りるとは限りませんよね。

上長の理解が無かったりする場合は副業が認められないということも充分にありえます。

 

そういった場合副業を隠れて行おうかと考える方もいらっしゃるかと思います。

しかし、隠れて副業をしていてもしもバレてしまったときのことを考えるとそれはおすすめできません。

 

許可も取らずに副業をしていることがバレてしまうと懲戒処分となってしまうからです。

数カ月、長いと半年もの間停職されてしまい、その間無収入となってしまうのでそんなリスクを抱えてまで副業を隠れてするのは得策ではないでしょう。

許可を取らずに副業をする方法

家族に会社を作ってもらう

許可が降りなかったとはいえどうしても副業がしたいと考える方はいらっしゃるでしょう。

しかし、隠れて行うにはリスクが大き過ぎます。

 

ところが許可を取らずに副業を行う方法は一応無いことも無いんです。

公務員が許可を取らずに副業を行う方法で良くあるのですが、自分の両親や奥さん、兄弟などの家族に会社を作ってもらいその会社で太陽光発電投資をするという方法です。

 

比較的簡単な方法となるので、家族の中で理解していただける方がいるようであればお願いしてみても良いでしょう。

ただし、社長や代表を任せる人物は慎重に選んだほうが良いです。

10kw以下の太陽光発電を利用する

基本的に公務員は副業が禁止されていますが、投資は副業としてみなされず合法的に行うことができます。

これは先ほどの条件に当てはまっている部分が多いこともあってのことです。

 

そんな投資ですが、実は太陽光発電も投資としてみなすことができます。

条件としては10kw以下の太陽光発電の設備を利用することです。

この場合は自営ではなく投資としてみなされるので、問題無く太陽光発電ビジネスを行うことができます。

 

しかし、逆に10kw以上の太陽光発電は自営とみなされてしまうので許可を取る必要があります。

10kw以上の太陽光発電は売ることができる電気の量と買い取り期間が異なってきます。

 

つまり10kw以上の太陽光発電の方がお金を稼げるということなんです。

許可を取らずに太陽光発電ビジネスを行うとなると、あまり稼げないと考えて良いでしょう。

まとめ

公務員でも太陽光発電での副業をすることは可能です。

しかし、それには条件があり上長の許可を取る必要があります。

隠れて副業をするのはリスクが大きいので必ず許可を取るようにしましょう。

 

また、許可を取らずに太陽光発電での副業を行う方法が無くは無いのですが、手間がかかったりあまり稼げなかったりするので、できることなら許可を取って堂々と取り組むのをおすすめします。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

公務員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ