再任用の公務員も副業は禁止?給与はどのくらいもらえる?

公務員の副業について

公的年金の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられました。

それにより再任用を希望することにより定年後も続けて働くことを選択する方も数多く出てきたと思われます。

 

では再任用した公務員も副業が禁止されるのでしょうか?

基本的に副業が禁止されているのですが、再任用された場合も禁止されたままなのか気になる方もいるかと思います。

 

再任用されても給与によっては副業をしたいと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこれから再任用の公務員の副業は禁止されているのかどうかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

再任用でも副業は禁止?

結論から言ってしまうと、再任用だとしても副業は禁止されたままとなってしまいます。

なので基本的には再任用でも副業はできないと考えた方が良いです。

 

なぜかと言うと、結局のところ公務員であることには違いが無いからですね。

公務員は一般企業の社員よりも国や地域に奉仕する役目が強いために信用を失うことが許されません。

 

具体的には以下の理由から公務員は副業が禁止されています。

・本人や職場、公務員自体の信用を無くさないようにするため
・副業を通して本業の秘密が漏洩する恐れがあるため
・身体的・精神的疲労から本業に支障をきたす恐れがあるため

 

理由を見ていただければ納得していただけるかと思いますが、再任用だからと言ってこれらのことを犯しても良いわけにはならないですよね。

以上のことから再任用でも公務員である以上は副業をするのは難しいでしょう。

給与はどうなる?

再任用でも副業が禁止されたままとなると気になるのは給与ですよね。

老後を安心して過ごすためにもどれくらいの給与がもらえるのか知っておきたいところだと思います。

 

それでは実際のところどうなるのかと言うと、まず再任用された場合は定年前の職員とは違い年功制が考慮されなくなります。

つまりどういうことかと言うと、これまでの勤続年数に給与が考慮されず、また昇給も見込めないということですね。

 

では実際にもらえる金額がどうなるのかと言うと、民間企業での高齢労働者や賃金水準、生計費の状況を総合的に勘案して設計されます。

具体的にどれくらいの金額かと言うと、再任用だと年間約350~450万円程になります。

 

また、定年前の職員のように生計費の変動を補完するための手当も支給されません。

手当というのは何のことかと言うと、扶養手当住居手当といったこれらのものが支給されないということですね。

 

なので、これらのことから再任用前よりも給与にはあまり期待ができないと考えた方が良いと思われます。

内緒で副業するのはNG

再任用だとこれまでのような給与は見込めない、そして副業も禁止されたままです。

これだと人によっては経済的に辛いという方もいらっしゃるかと思います。

老後のことを考えると少し厳しいですよね。

 

それでは内緒で副業をしようかと検討する方もいるのではないでしょうか?

ですが、経済的につらくなるかもしれないですが内緒で副業をするのはやめておいた方が良いです。

 

なぜかと言うと、公務員である以上副業をしていることがバレた場合法律に基づいて懲戒処分を受けてしまうからです。

懲戒処分とは具体的にどのような措置がされるのかと言うと、

・免職
・停職
・減給
・戒告

といった処分を受けてしまいます。

 

これまでのような給与が見込めないから副業を内緒でしたい気持ちはわかります。

ですが、だからと言って内緒で副業をしてバレてしまったときのペナルティを考えるとしない方が良いでしょう。

バレずに行うのも住民税などの関係から少し難しいと思われます。

副業をするのは不可能ではない

実を言うと副業をするのは不可能では無いんです。

基本的には禁止されていますが、絶対できないというわけではありません。

とはいえやはり元々禁止されている以上副業をするためのハードルが高いです。

 

まず公務員でも認められやすい副業があります。

どの副業が認められやすいかと言うと、

・不動産投資
・農業
・僧侶

これらの3種類が公務員でもできる可能性のある副業となります。

 

理由としては先ほど前述した公務員が副業を禁止される理由に当てはまりにくいからです。

どうしても副業をしたいと言うのであればこれらのものを検討するようにしましょう。

 

ただこれらの副業でも許可が降りない限りはすることができません。

内緒でやってバレた場合はやはり懲戒処分されてしまうので気をつけましょう。

先ほどの3種類もあくまで違反しにくいというだけなので許可をもらうのもハードルが高いと思った方が良いです。

まとめ

再任用の公務員でも基本的には副業が禁止されたままです。

給与も定年前のような金額は見込めないので経済的に厳しくなる方もいらっしゃるでしょう。

 

内緒で副業をすると高い確率でバレてしまい処分されてしまうので、どうしても副業をしたい方はハードルは高いですが許可をもらってからにしましょう。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

公務員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ