公務員がネットオークションをすると副業になる?ばれない方法はある?

公務員の副業について

公務員が副業禁止ということは、多くの方に知られています。

公務員の副業禁止は、一般常識となりつつあるでしょう。

 

それでも、生活を豊かにするために収入を増やしたいと思っている方も多いはずです。

収入が増えなければ、生活も苦しくなって仕事効率も悪くなります。

公務員の方にとっても、副業はとても興味のある事柄と言えます。

 

今回は、公務員の方がネットオークションを利用することについて解説します。

ネットオークションは誰でも気軽に利用できるので、ネットオークションで収入を得ているサラリーマンの方もいます。

公務員がネットオークションをしたときに副業となってしまうのか、またばれない方法はないのかが気になっている方もいるでしょう。

 

今回紹介するネットオークションの説明を参考にしてみてください。

公務員のネットオークションは副業になる?

ネットオークションは、インターネットがあれば誰でも利用することができます。

ネットオークションを利用して、収入を得ているサラリーマンの方も多くいます。

そのため、ネットオークションを利用したいと考えている公務員の方もいるでしょう。

 

例えば、ヤフオクなどのネットオークションで不要なものを出品します。

以前買って使わなくなった食器や服など、生活で不必要となったものを出品しても副業と見なされる可能性は低いようです。

 

ネットオークションを1、2回利用しただけで副業と見なされて懲戒処分を受けてしまうということは、現実的に考えてまず有り得ません。

ネットオークションの利用自体は、特に問題ないと考えて良いでしょう。

 

ところが、売れる品物を仕入れて、ネットオークションに出品するということになると話は変わってきます。

中古買取店に行ってネットオークションで高く売れそうな本やDVDを購入します。

 

これをネットオークションに出品して利益を得ると、副業になってしまう可能性が高いです。

副業と見なされるかどうかは、営利目的であるかどうかが大きく影響するでしょう。

 

品物を仕入れる時点は、ある程度の利益を求めていることがわかります。

そのため、ネットオークションの転売で利益を得ることは、公務員の方にとってはとても危険です。

過去のネットオークションで処分になった事例

公務員がネットオークションを利用するときに一番気になるのは、利益を上げることで懲戒処分になってしまうのではないかという点です。

そこで、過去にネットオークションで処分されてしまった公務員の事例を紹介します。

 

2014年4月に和歌山県有田市の職員が、ネットオークションで常習的にカミキリムシの標本を販売していたとして処分されてしまいました。

自ら捕まえて作ったカミキリムシの標本をネットオークションで販売し、10万円余りの収入を得ていたようです。

趣味の範囲を逸脱した行為と判断され、地方公務員法に基づき戒告の懲戒処分となってしまいました。

 

10万円ほどの収入を得ていたようですが、これは1年半ほどかけて得た収入です。

月に換算すると5000円程度の収入だったようです。

 

金額的には、少ないと感じる方もいると思います。

それでも、趣味の範囲を逸脱した行為と判断され、懲戒処分となってしまいました。

このことから、利益が少なくても、副業と見なされる可能性があることがわかります。

 

この職員は、「趣味の範囲内だと思っていた」と話しています。

趣味の範囲とも言えるような内容でしたが、有田市は趣味の範囲を逸脱した行為と判断しました。

 

そのため、ネットオークションを利用するときは、趣味の範囲内だと思っていても注意が必要です。

ネットオークションを安全に利用するためには、上司に相談することが大切です。

ネットオークションがばれない方法はある?

公務員がネットオークションを利用する場合は、副業だと見なされてしまうこともあります。

ネットオークションをばれずに利用できるかどうかが気になっている方も多いでしょう。

 

ネットオークションをしていることを誰にも話さなければ、ばれる可能性は低いです。

ただし、誰にも話していなくてもばれてしまう可能性はあります。

 

まずは、ネットオークションによる年間収入が20万円を超えてしまった場合です。

年間収入が20万円を超えると別途確定申告が必要になり、副業をしていることがばれてしまいます。

 

逆に言えば、20万円以下に抑えればネットオークションを利用していることがばれにくくなるでしょう。

トラブルを避けるためにも、収入が20万円以下になるよう抑えることをおすすめします。

 

また、年間収入が20万円以下に抑えていたとしてもばれてしまう可能性はあります。

先程紹介した和歌山県有田市の職員が処分されたケースでは、年間の収入は20万円以下でした。

 

和歌山県有田市の職員がネットオークションを利用していることがばれたのは、「自然を壊し、私腹を肥やしている職員がいる」という苦情があったからです。

苦情メールが端緒となり、本人に事情を聞いたところネットオークションでカミキリムの標本を販売していることがわかりました。

 

このように、年間収入を抑えていてもネットオークションがばれてしまう可能性もあります。

公務員の方は、ネットオークションを絶対に利用してはいけないわけではありません。

許可を得ることができれば、ネットオークションを利用することができます。

 

ばれない方法を考えるよりも許可を得ること考えた方が賢明です。

ネットオークションを利用するときは、許可を得ること第一に考えましょう。

まとめ

公務員は副業が禁止されていることから、ネットオークションの利用にも注意が必要です。

不用品を1,2回出品する程度では、副業となってしまう可能性は低いようです。

ただし、貴重なもので営利目的なものの出品だと話は変わってくるでしょう。

 

過去には趣味の範囲内だと思っていたら、処分になってしまった職員の方もいます。

ネットオークションを利用するときはばれない方法を考えるよりも、許可を得ることを考えた方が良いです。

トラブルにならないよう、気になることは上司に相談してみましょう。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

公務員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ