公務員と僧侶の兼業は可能?お坊さんが合法的な副業とされる2つの理由は?

公務員の副業について

公務員であると副業がしたいと思っていてもなかなかできなくて苦労するものですよね。

基本的には公務員は副業を禁止されていて、種類によっては副業が許可されるとはいえそれも限られたものだからです。

 

そんな公務員の副業ですが、僧侶の兼業は果たして可能なのでしょうか?

お坊さんは合法的に行える副業とも言われていますが、果たしてその理由はなぜなのか気になるかと思います。

 

そこでこれから公務員は僧侶の兼業は可能なのか、そしてお坊さんが合法的に行える副業である理由についてご紹介していきたいと思います。

公務員は僧侶との兼業が可能

かなり意外かもしれませんが、公務員は僧侶との兼業が可能なんです。

そのため人によっては公務員をしながらお坊さんとして活動をしている方もいらっしゃいます。

 

とはいえお坊さんになるのは簡単なことではなく、なろうと思ってすぐになれるものではないでしょう。

実家がそういった家系だったりする場合なら、公務員の仕事をしながらお坊さんとしても活動することがあるかと思います。

 

現在公務員の方で、実家が代々僧侶を営んでいる家系であれば始めやすい副業だと思われます。

合法的な副業とされる2つの理由

基本的には公務員は地方公務員法や、国家公務員法によって副業を禁止されています。

 

しかし、なぜ僧侶としての活動は公務員であっても許可されているのでしょうか?

これにはいくつか理由があるのでそれぞれ理由をご紹介していきたいと思います。

労働者に該当しないため

僧侶としての活動は労働者に該当しないため、国家公務員法の職務専念義務に違反しないのです。

どういうことかと言うと、僧侶は国家公務員法の第103条及び地方公務員法の第38条に定められている営利企業や私企業に当てはまりません。

 

僧侶としての活動は労働とは判断されないということなんですね。

あくまで非営利となっているので公務員でもできる副業というわけです。

お布施は報酬ではない

非営利とは言っても収入が無ければ副業とは言わないですよね。

タダ働きだったら活動している意味が無くなります。

とはいえ僧侶は何もタダで動くわけではなく、きちんとお布施を得て活動をしているわけです。

 

このお布施が収入となるのですが、実はお布施は報酬として認識されるものではありません。

法律的には寄付行為の一種とされています。

つまり僧侶はあくまで寄付を受けているだけに過ぎないので、それは報酬とは呼ばないのです。

 

有名なお坊さんとなればかなりたくさんのお布施をもらうことができ、人によっては本業である公務員の給料よりも多くのお布施をもらうこともあります。

それでもお布施であることには変わりなく、報酬ではないので本業より収入が多くなっても全く問題ありません。

僧侶の副業を始めるには?

基本的に公務員の副業として僧侶の活動は認められるとは言っても勝手に無断で始めるわけにはいきません。

僧侶の副業を始めるにも手順を踏む必要があります。

 

とは言っても特別難しいことではなく副業を始めるにあたって上長に許可を取るだけです。

そのため副業で僧侶をしようと考えるのであれば、まずは上長に一声かけて許可を取るようにしましょう。

 

僧侶であれば先ほどから話している理由のため許可が降りやすいので、こそこそ隠して行うようなことはせずに許可を取ってどうどうとやりましょう。

お坊さんになるには

副業で僧侶を始めようと思ってもそもそもお坊さんにならなければいけませんよね。

一番近道となるのは実家がお寺だった場合ですが、そうでない場合で実家がお寺でない可能性も充分ありえます。

 

それではそういった方はどのようにしてお坊さんになるのでしょうか。

イメージ的には修行をするのかなとも思いますが、実際のところはそうではありません。

 

現在ほとんどのお坊さんは大学で勉強をしてなっています。

仏教系大学に通って専門課程を修了した後に、得度の制度を利用して仏門に入るというのが実家がお寺でなかった場合にお坊さんになるための道筋です。

 

住職から許可をもらい、得度考査と呼ばれる筆記試験に合格したうえで得度習礼を受講します。

そして教師試験資格に合格し、教師教修を受講後に寺に就職してそこで初めてお坊さんとなるのです。

 

このようにお坊さんになると口で言うのは簡単ですが、なると言ってすぐになれるというわけではありません。

もしも全くお坊さんに関わりのない生き方をしていた方だと、公務員として活動しながらお坊さんになろうとするのは少し難しいかと思われます。

まとめ

公務員の副業は基本的には禁止されていますが、僧侶としての活動は許可が降りやすくなっています。

理由としては主に本業である公務員の仕事に対して支障がでにくいからです。

 

もしも副業で僧侶の活動をしたいと考えるのであれば、上長にしっかりと許可を取るようにしましょう。

 

しかし、お坊さんになるのには実家が寺でなかった場合複雑な過程を踏む必要があります。

そのため、公務員になる前にあらかじめ過程を踏んでおく必要があるでしょう。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

公務員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ