公務員のモデル活動は副業に該当する?読者モデルやカットモデルもだめ?

公務員の副業について

公務員で働いているけど、急にモデルをお願いされてしまった。

前からモデルをやりたいと思っていたけど、公務員だからできないと諦めていた。

公務員は副業が禁止されていることもあって、なかなか自分のやりたいことができていない人も多いのではないでしょうか?

 

今回は公務員のモデル活動は副業に該当する?

読者モデルやカットモデルもだめ?

について紹介していきたいと思います。

公務員のモデル活動は副業に該当する?

公務員は営利目的の副業で、給与が発生する副業は禁止とされています。

それは法で決まっています。

国家公務員法第 103 条第1項
職員は、営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員等の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

国家公務員法第 104 条
内閣総理大臣及び所轄庁の長の許可がない限り兼業してはならない

出典:電子政府の総合窓口

地方公務員法 第38条
第1項
職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

第2項
人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

出典:電子政府の総合窓口

ということなので、継続的にモデルの仕事をして給与をもらう場合は禁止ということになります。

 

では給与をもらわずに、趣味の一環として副業でモデルをすることはどうなのでしょうか?

この場合は、報酬が発生していないので、モデルの副業は趣味の一環ととらえられる可能性が高いです。

 

しかし公務員の場合、このように報酬をもらわない仕事でも、副業が許可されない可能性があるので、注意が必要です。

なぜこのようなことを言うかというと、それにはどうして公務員が副業をしてはいけないのかが関係しています。

  • 信用失墜行為の禁止(国公法第99条)
  • 守秘義務(国公法第100条)
  • 職務専念の義務(国公法第101条)

これらは公務員がなぜ副業をしてはいけないのか、ということが書いてあります。

 

1つ目には信用失墜行為の禁止、副業で他の人に迷惑をかけていなくても、副業をすることによって、公務員のイメージダウンにつながる副業はしてはいけないということです。

 

モデル活動などは、無償でしていたとしても雑誌などにのってしまって、沢山の人に見られる可能性があります。

なのでどんなモデルをやっているのか、どういう仕事内容なのかをあらかじめ上司に説明しておいて許可をもらっておくのが無難です。

 

そして3つ目をみてみると、職務専念の義務と書いてあります。

これは本業の仕事に集中するために副業が禁止されているということが分かります。

 

モデルなどの仕事は、たとえ給与をもらわずにしていたとしても、人の目につく仕事なので誰かにみられて、職務を怠っていると思われる可能性もあります。

 

そうなると3つ目の理由だけではなく、1つ目の信用を失う行為をしていると思われてしまうかもしれません。

なのであらかじめ表にでるような仕事をするときは、それがボランティアであったとしても一度上司や本業の会社の人に確認してみましょう。

読者モデルやカットモデルもだめ?

先ほども書いたように、読者モデルやカットモデルなどの継続的に給与をもらっている場合は、副業とされてしまいます。

ただし公務員は営利目的で仕事をすること、無償で手伝ったりすることは許可されています。

なので読者モデルやカットモデルであっても、お金をもらわず趣味の一環としてやるなら許可される可能性が高いです。

 

そしてカットモデルでは顔は映らず、髪の毛だけということもあります。

こういう場合は、お金をもらわないのであれば引き受けて大丈夫となります。

 

ただし無償で仕事を受ける場合でも、どこかに自分の顔がわかる写真が貼りだされる場合は、一度上司に意見を聞いてみましょう。

なぜなら一般の方には、公務員=副業禁止、と思いこんでいる人もいるので、そういう人がその雑誌やポスターを見つけると、問題になりかねないからです。

 

公務員の副業に良いイメージを持てない人もいるので、一概に無償だから仕事をしてもいいとは言えません。

特に雑誌などに掲載された場合は、ネット上や本にずっと残っているので、何か問題が起きてからでは遅くなってしまいます。

もしモデルなどをする機会があった場合、無償だとしても一度上司に確認してみましょう。

まとめ

今回は公務員のモデルの仕事は副業に該当するのか、読者モデルやカットモデルはだめなのかを紹介してきました。

 

公務員であっても自分の才能を生かした仕事をしたいですよね。

モデル頼まれた、やってみたい、そう思う方はぜひ参考にしてみてくださいね。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

公務員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ