公務員のイラストレーター活動は可能?許可を取ることはできる?

公務員の副業について

現在公務員の方で副業をしようかと考えている方はいらっしゃるでしょうか?

デザイン系の技術を持っている方であればイラストレーターなんかを副業でやろうか考える方もいるかと思います。

 

しかし、公務員で副業にイラストレーターの活動をするのは果たして可能なんでしょうか。

これからイラストレーターでの活動を考えている方は気になるかと思います。

 

そこでこれから公務員のイラストレーター活動について詳しくご紹介していきたいと思います。

公務員の副業

そもそも基本的には公務員の副業は禁止されています。

理由としては業務に支障がでる恐れがあるから、そして社外に情報が漏洩してしまう可能性があるからです。

 

公務員の中でも許可さえ取れば例として

・不動産投資

・農業

・僧侶

などなどこれらのような活動は副業としても認められます。

 

なぜかと言うと、これらは公務員の業務に支障があまり出ず、情報も漏洩しにくいからです。

イラストレーターの活動は可能?

先ほどの話しからすると公務員は副業でイラストレーターの活動をするのは無理なんじゃないかと思うでしょう。

ところが意外かもしれませんが、公務員で副業としてイラストレーターの活動をすることは可能です。

ですが、場合によっては認められないことがあります。

 

どういうことかと言うと、例えば自分で描いたものを賞に応募して受賞した賞金をもらったとしましょう。

この程度なら趣味の範囲として認識されるので許されることが多いです。

 

しかし、出版社などから継続的に仕事を受けるようになってしまうと認められなくなってしまう可能性が高いです。

理由としては、そこまで積極的に活動してしまうと本業である公務員の活動に支障をきたしてしまう可能性があるからです。

許可を取ることはできるのか?

趣味レベルの活動ではなく、完全に副業としてイラストレーターの活動はしたいと思う方はほとんどでしょう。

お金を稼ぐという目的で始めるのであれば趣味レベルの活動ではある程度の金額しか稼ぐことができないですからね。

 

それでは上長にあらかじめ許可を取って活動するのは良いのではないかと思うのではないでしょうか?

先ほど例として挙げた合法的に行える不動産投資などの副業も基本的には許可を取って行うものだからです。

 

それで許可を取ってイラストレーターの活動をするのはどうなのかと言うと、イラストレーターの活動は比較的許可が降りやすいものとなっています。

そのため許可さえ降りれば堂々と副業としてイラストレーターの活動に勤しむことができるのです。

 

ただし逆に言えば許可が降りなかったらイラストレーターの活動をすることができません。

内緒で行ってバレてしまったら大変なので、許可が降りなかったら諦めた方が良いと思います。

バレずに行うには?

許可が降りなかったら基本的には諦めた方が良いです。

ですが、どうしても副業でイラストレーターをしたいと思っている方はいらっしゃるでしょう。

 

そこで一応内緒で行ってもバレにくくなる方法を紹介したいと思います。

その方法とは税金対策です。

 

副業がバレるケースとして、住民税が増額していることが原因としたものがあります。

住民税が給料から天引きされているのはご存知かと思いますが、あれは収入の合計から決まったものなんです。

 

なので、つまり副業をしていた場合は本業+副業分の住民税が発生するので、給与係が本業の収入に比べて住民税が多いと疑問に思うことで副業が発覚してしまうというわけです。

 

それで具体的に税金対策とはどのようにすれば良いのかと言うと、副業分の税金を特別徴収から普通徴収に切り替えれば良いんです。

特別徴収というものは会社の給料から勝手に住民税が天引きされることを言います。

普通徴収とは給料からではなく、自分で納付することを言うんです。

 

副業分の収入を確定申告する前に住民税の項目に特別徴収にするか普通徴収にするかとあるので、普通徴収にチェックを入れます。

こうすることによって住民税が給料から天引きされずに自分で納付することができるので、住民税によって副業がバレるということは無くなるのです。

 

ただこうして対策をしてもバレてしまう可能性は充分あります。

先ほどもお話したようにバレてしまったことを考えると内緒で副業をするのはリスクが大きいので、あまりオススメできません。

 

できることなら許可を取ってイラストレーターの活動に勤しむようにしましょう。

内緒で副業を行うのはあくまで自己責任でお願いします。

まとめ

基本的に副業が禁止されている公務員ですが、イラストレーターの活動をすることは可能です。

趣味レベルの活動であれば特に許可の申請も必要無く、継続的に副業で行うとしても許可さえ降りれば堂々と行うことができます。

 

許可が降りなかった場合は内緒で行う方法が無くも無いですが、バレてしまったときのことを考えるとあまりオススメできないので気をつけましょう。

イラストレーターでの活動を考えている公務員の方は、今回のお話を参考にしてみてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

公務員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ