公務員がアフィリエイトの副業で収入を得るのは合法?ばれることはある?

公務員の副業について

昔は「公務員は安定している」と言われており、誰もが公務員を志望していました。

しかし、今は不景気が続きその余波が公務員にも広がりつつあります。

 

そのため公務員の人でも本業だけでは厳しくなり「副業しないとやっていけない」という人が増えてきました。

 

最近では、「アフェリエイト」という副業が人気なのをご存知でしょうか?

アフェリエイトとは、自分のブログやホームページにある企業の広告を張り付けて、その広告料金を貰う仕組みのことを指します。

 

そのアフェリエイトが社会人に大人気になっており、現在もアフェリエイトを副業にしている人が多くおられます。

 

では公務員がアフィリエイトの副業で収入を得るのは合法なのでしょうか?

また、公務員の副業はバレないのでしょうか?

 

今回は公務員がアフェリエイトの副業で収入を得るのは合法なのかと、公務員が副業をしてもバレないのかを紹介します。

公務員がアフィリエイトの副業で収入を得るのは合法?

法律では公務員が副業で収入を得ることは基本的禁止とされております。

アフェリエイトも副業ですので禁止になりますが、ではなぜ禁止なのでしょうか?公務員法をみていきましょう。

地方公務員法
第三十八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。
2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

 

国家公務員法

第百三条 職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

 

第百四条 職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

 

出典;国家公務員法

少々難しい言葉ばかりですが、簡単に言い換えますと

 

「莫大な利益を得る副業は禁止となっていますが、公務員は特別に許可を受けない限り副業は禁止」

 

このように公務員法で決められており、公務員の副業は禁止されているのです。

公務員の副業は禁止されていると説明いたしましたが、結論を言いますとアフェリエイトの副業は禁止。

 

勤めている会社が「副業をしてもよい」と許可が出れば良し、「副業をしてはいけない」と許可が出なければアフェリエイトの副業をしてはいけません。

ばれることはある?ばれる3つの理由とは?

最近では副業を容認する企業も出てきていますが、まだまだ副業禁止の企業は多くあります。

 

それでも副業をしている大多数の人が会社に副業を秘密にしており、バレるかバレないかの狭間を行き来している状態…。

それでもバレてしまう人もいますので、そのバレる理由を3つ紹介します。

住民税

一度は耳にしたことがあるかと思いますが、会社のお給料から引かれてしまうのが住民税。

その住民税がきっかけで会社の人にに「バレてしまう」という事態になってしまう方も多くおられます。

 

住民税は本人に代わり会社が自治体に払う仕組みになっており、アフェリエイトやバイトを副業にしていると、その会社が給料を自治体に請求しますので、会社と副業のどちらからも給料が支払われていることになりますよね。

 

そのため会社と副業の給料に対する住民税がお給料の高い方に支払われる仕組みになっていますので、会社にバレてしまうのです。

インターネットでの副業

インターネットでの副業は多くなっています。

 

インターネットの副業でネットショップなどを運営することがあるかと思いますが、そのショップを運営する際にはサイトに特定取引法で指名・住所・電話番号などの明記が義務付けられています。

 

特定取引法を守るために自分の住所や名前を書かなければなりません。

そのため、会社の誰かが名前を検索するとヒットしてしまいバレるというケースもあります。

仲のいい同僚に話してバレる

会社では、同僚と親しい人もおられるかと思います。

 

親しい同僚だけには副業をしている事を話しても大丈夫だろう!!

 

などとつい同僚に副業の事を話してしまい、その同僚が密告してしまい副業がバレてしまうという結果になってしまいます。

 

会社に内緒で副業をしている人は、誰にも話さない方がいいかもしれません。

まとめ

今回は、アフェリエイトの副業での収入は合法なのか?と会社に副業を内緒にしてもバレないのか?という事について説明いたしました。

 

最後になりますが、アフェリエイトの副業は基本的に禁止されております。

会社からの副業の許可がおりればアフェリエイトをしてもなんの問題もありません。

 

しかし、副業は年に20万円以内しか稼いではいけないと法律で定められておりますので注意が必要になります。

会社に秘密で副業をしてしまうとバレてしまう可能性もあるので、会社に内緒での副業はやめておいた方がいいでしょう。

 

また最近では、政府が公務員の副業を認める働き方改革で公務員の副業を容認する計画が進められております。

 

近い未来に、公務員の副業解禁の日が来るかもしれません。

その時がやってきた際には、安心して副業が出来きますので、焦らずその日を待ってみましょう。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

公務員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ