女性正社員のスナックでの副業は稼げる?給料手渡しならばれない?

正社員の副業について

現代では稼ぐ手段が多様化し、稼ぐ方法はたくさんあります。

男性か女性かでも稼ぐ手段は変わってくると思いますが、女性の中では副業としてスナックで働いている方もいます。

 

最近はスナックブームとも言われるほど、スナックが注目を浴びています。

スナックに勤めたいという若い女性も増えていることから、スナックも人気の高い仕事となってきているでしょう。

 

そこで、今回は女性の正社員がスナックで稼ぐことができるのかについて、説明します。

スナックで働いて収入が増えれば、毎日の暮らしも豊かになります。

収入が増えると、心にもゆとりが生まれるでしょう。

 

ただし、本業の会社に副業がバレたくないという方もいるので、スナックの副業がバレてしまうのかについても考察します。

スナックで働くメリットとデメリット

スナックは女性正社員にとって、気になる副業の一つです。

数ある副業の中でも、女性ならではの副業として注目されているでしょう。

そこで、スナックで働くメリットとデメリットについて説明します。

メリット

まずは、スナックで働くメリットについてですが、スナックの良い点は時給が高いことです。

他のアルバイトやパートに比べて時給が高いので、効率よく稼ぐことができます。

スナックの時給については、経験者か未経験者かでも変わってくることもあります。

 

経験者なら時給2000円、未経験者でも時給1500円以上で働くことが可能でしょう。

副業として働くなら、夜に勤務できるスナックはおすすめです。

 

また、スナックは人とのコミュニケーションが好きな方なら、楽しんで仕事をすることができます。

楽しい会話をしていれば、すぐに時間も過ぎてくれます。

人によっては、スナックで働くことを全く苦にしない方もいるでしょう。

デメリット

ただし、スナックで働くことのデメリットもあります。

お酒を飲んで気分が良くなっているお客さんも多く、セクハラなどの行為もあるようです。

身体を触らなくても、言葉によるセクハラもあるのでストレスを溜めてしまうこともあるでしょう。

 

副業でストレスを溜めると、本業に支障をきたす恐れがあります。

さらに、勤めているスナックに上司がお客さんとして来てしまうリスクもあります。

副業が禁止されている場合は、大きなリスクを伴ってくるでしょう。

 

スナックで働くことはメリットだけではないので、デメリットも考慮しながら検討してください。

副業でスナックって稼げるの?

女性社員ならではの副業として注目されているスナックですが、実際に稼げるのかは気になるところです。

そこで、副業としてスナックをして稼ぐことができるのかを説明します。

 

スナックは他のアルバイトやパートに比べて、時給が高い点が魅力です。

地域にもよりますが、時給2000円以上ということも珍しくはありません。

 

お店が開店となるのは夜からなので、19時ごろから4~5時間働くことが一般的です。

この場合、平均的な日給は7000円程度となるでしょう。

お客さんが多い金曜日や土曜日の週2回働いたとして、月収は56000円になります。

週2回の勤務でもこれだけ稼げるのは、スナックの大きな魅力でしょう。

 

また、スナックでは常連のお客さんからプレゼントを貰えることもあります。

中には、ブランド物の財布やバッグなどをプレゼントされる場合もあります。

このあたりは、思わぬ臨時収入と捉えることもできるでしょう。

 

さらに、来店されるお客さんが2件目で来てくれたときに、1件目で行った居酒屋のお土産などを持ってきてくれることもあります。

そうすると夕食をタダで食べられるので、出費が少なくなります。

そういう意味でも、スナックは稼げる副業と言えるでしょう。

給与が手渡しならバレない?


スナックは個人経営であることも多く、手渡しで賃金を受け取ることができる店舗もあります。

給与が手渡しなら、本業の会社にバレないと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

たしかにスナックでは給与という形ではなく、報酬という形で受け取る場合もあります。

そのため、本業の会社にはバレにくい仕事となっていました。

 

ところが、最近ではマイナンバーの導入によりばれる可能性が高くなっています。

マイナンバー制度導入により、全ての店舗でマイナンバーの提出を求められるため、これまでよりも個人収入の流れを税務署に把握されやすくなってしまいました。

 

そこで、副業がバレないためには正確に確定申告を行う必要があるのです。

本業の会社に副業がバレてしまう原因となるのが、住民税です。

 

住民税は本業の会社の給与から天引きされていますが、副業での収入も影響してしまいます。

本業と副業を合わせた所得で住民税が計算され、副業がバレてしまうことになるでしょう。

 

これを避けるには、確定申告のときに自分で住民税を納付する「普通徴収」を選ぶ必要があります。

普通徴収という自分で納税する方法を選択することで、バレる可能性を低くすることができるのです。

 

ただし、雇用形態によっては手渡しの給与でも、普通徴収を選択できない場合もあります。

気になる方は事前に最寄りの市区町村へ、普通徴収が選択できるかを確認するようにしましょう。

まとめ

最近ではスナックブームとも言える動きがあり、スナックは人気の副業の一つです。

スナックは時給が高いので、効率よく稼ぐことができる副業です。

 

平均的な日給は7000円程度で、週に2回の勤務でも月に56000円は稼ぐことができるでしょう。

また、スナックの給与は手渡しの場合もありますが、手渡しでも住民税から本業にバレてしまう可能性があります。

そのため、確定申告の際に普通徴収という自分で納税する方法を選択する必要があります。

 

ただし、雇用形態によっては普通徴収が選択できない場合もあるので、注意してください。

市区町村に問い合わせてみるなど、働く前に確認しておくとトラブルを避けることができます。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

正社員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ