正社員が副業でバイトをするとバレる?確定申告での注意点は?

正社員の副業について

最近は副業を推進している企業も増えて、サラリーマンにとって副業は身近な存在となっています。

副業には様々な種類があり、働く方法も人によって異なってきます。

中には、手っ取り早く稼ぐためにアルバイトをしたいという方もいるでしょう。

 

アルバイトを始めるときに一番気になるのは、会社にバイトをしていることがバレるかどうかです。

副業を禁止している会社では、バイトがバレてしまうと解雇などの処分の対象になってしまいます。

バイトを始める前に、バレてしまう可能性があるかは調べておく必要があるでしょう。

 

そこで、今回はアルバイトが本業の会社にバレてしまうのかを説明します。

また、バイトが会社にバレないために確定申告で注意したい点についても紹介します。

 

副業がバレでトラブルの原因とならないように参考してください。

アルバイトが会社にバレてしまう理由

黙ってアルバイトをしていれば、会社にもバレないと思っている方もいるのではないでしょうか。

誰にも会わなければバレる心配もないと考えている方もいるようですが、そうではありません。

副業のアルバイトは、誰にも言わなくても会社にバレてしまうことがあります。

 

アルバイトが会社にバレてしまう主な要因は、住民税です。

住民税は本業の会社から天引きされていますが、この住民税の金額は所得により変化します。

問題なのは、その所得に副業の収入も含まれている点でしょう。

 

副業の収入が増えることで、本業の会社から天引きされる住民税も増額となります。

本業の会社での給与と釣り合わない住民税の金額を見れば、何らかの収入があるということがわかってしまうのです。

 

そのため、黙っていれば会社にバレることはないという発想は危険です。

 

就業規則に副業禁止などの項目が記載されていない場合は問題ありませんが、副業禁止が規定されているときは解雇など処分の対象になってしまうでしょう。

副業は法律的に禁止されているわけではありませんが、就業規則で禁止をしている場合があります。

 

本業の給与から天引きされる住民税が増額となることで、会社にアルバイトがバレてしまうこともあるのでトラブルを避けるためにも事前に相談しておくと良いでしょう。

 

さらに、確定申告をしていなかったため、副業がバレてしまうケースもあります。

期日までに確定申告をしなかった場合、納税対象者は「無申告加算税」や「延滞税」などの支払いを求められることがあります。

その場合は、税務署からの調査が本業に入ってしまう危険性もあるでしょう。

 

そのため、確定申告は確実に行っておきたいところです。

バイトなどの副業を始めるなら、確定申告の知識も身に付けておいてください。

確定申告での注意点

住民税によりバレてしまう副業ですが、確定申告の方法によってはバレることを避けることができます。

 

住民税は会社の給与から天引きされていますが、副業分の収入の住民税を別途自分で納付することもできるのです。

これにより、会社の給与から天引きされる住民税の金額は変わらないので、住民税から副業がバレてしまうことはないでしょう。

 

住民税を自分で納付する方法のことを「普通徴収」と言います。

それに対して、会社から天引きされるのは「特別徴収」です。

 

確定申告の際には、住民税の項目で普通徴収を選ぶところがあります。

普通徴収を選ぶことによって、自分で住民税を納付することが可能となってくるでしょう。

 

確定申告のやり方にとっては、会社に副業がバレるのを防ぐことができます。

確定申告の際には、自分で住民税を納付する普通徴収を選ぶようにしましょう。

普通徴収ができない場合もある!

アルバイトが会社にバレないためには、確定申告のときに住民税を自分で納付する普通徴収を選ぶ必要があります。

ところが、この普通徴収にも注意点があります。

 

まず、アルバイトなどの雇用体系の場合、住民税を自分で納付する普通徴収が選べないことがあります。

給与収入という形では、普通徴収ができない市区町村もあるので注意が必要でしょう。

ただし、この対応については市区町村でまちまちです。

 

給与収入だとしても、普通徴収として扱ってくれるところもあるようです。

そのため、まずは事前に市区町村への確認しておくことが大切でしょう。

住民税を普通徴収にしたからといって、安心できるわけではありません。

 

普通徴収を選択していても、特別徴収として扱われてしまうことがあります。

また、職員によるチェック漏れによって特別徴収になってしまうこともあるようです。

 

トラブルを避けるためにも、アルバイトをするときには会社から許可を得ることをおすすめします。

まとめ

アルバイトは、行動に移しやすい副業の一つです。

確実に収入を得ることができるので、副業として興味を持っている方も多いでしょう。

 

バイトことを誰にも言わなくても、会社にバレてしまうことはあります。

副業での収入が増えて、会社から天引きされる住民税が増額となることでバレてしまう危険があるでしょう。

 

ただし、確定申告のときに住民税を自分で納付する「普通徴収」を選択することによってリスクを減らすことができます。

 

ところが、普通徴収の対応は市区町村によってまちまちです。

アルバイトなどの給与収入の場合は、普通徴収として扱われないことも多いようです。

会社にバイトでの副業がバレたくないと思っている方は、普通徴収ができるか事前に確認しておいた方が良いでしょう。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

正社員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ