正社員の確定申告は副業利益が20万以下なら申告不要?バレないやり方とは?

正社員の副業について

現在、クラウドソーシングやアフェリエイトなども含め、副業をしているサラリーマンが増加しています。

『働いている給料だけでは生活が苦しい』

『子供の為にもお金を貯めておきたい』

などと一人ひとり、やりきれない気持ちや苦しみがあるかと思います。

 

そんな方たちの悩みとは裏腹に、多くの会社は副業を禁止。

副業で年間20万円以上の収益を出してしまうと確定申告が必要になり、確定申告を行わなかった場合法律違反になってしまいます。

 

だからといって確定申告を行ってしまうと副業がばれてしまうということもありますし、なかなか副業に手が伸ばせない状態です。

 

そこで今回は正社員の確定申告には副業利益が20万円以下なら確定申告をしなくても大丈夫なのかと、バレないように副業をするにはどのような対策をすればよいのかを紹介していきます。

 

今後の副業活動の参考にしてみてください。

正社員の確定申告は副業利益が20万以下なら申告不要?

副業利益が年間20万円以下なら確定申告は不要とよく耳にしますが、20万円以下というのを収入と勘違いしている方が多くおられます。

 

『収入』とは売上のことをいいます。

例えば、1カ月間アクセサリーを売り、50万円の売り上げが出たとします。

その50万円が売上、つまり収入のこと。

収入→売上

ということになります。

 

その収入源となるアクセサリーを作るには材料が必要になりますよね。

アクセサリーのパーツだったり、作るための道具だったりと様々な場面で経費が生じてしまいますが、その経費を売り上げから引いた金額が所得(自分の儲け)になります。

 

所得→売上から必要経費を引いたお金

ということになります。

 

そのため副業で、40万円の儲けがでても売上から経費を差し引いた所得が20万円以下なら確定申告をする必要はありません。

所得を収入と間違えていると損をしてしまうので、必ず覚えておきましょう。

 

しかし『年間20万円以下』だからといって確定申告をしなくていいというわけではありません。

 

確定申告をしなくていいのは『年末調整』をしている人だけです。

会社で行っている年末調整は確定申告と同じなので、年末調整で所得税額が確定しれいれば、問題ありません。

 

また、給料の年間収入額が2000万円を超えている人は年末調整をすることができない為、個別に確定申告が必要になります。

 

ですので年末調整を会社側で行っている人で、副業で年間20万円以下の場合は、確定申告をする必要はないということになります。

バレないやり方とは?

年間20万円以下というラインに縛られるのは嫌ですよね。

どうせ副業するなら思いっきり稼ぎたいですし、年間20万円では少ないと感じる人が多いかもしれません。

 

しかし、2ヶ所以上からの収入がある場合、会社(本業)の給料以外の年収が20万円以上だと確定申告をする必要があります。

 

副業で収入を得ていながら確定申告をしてしまうと、給料以外の収入に対する住民税の課税金額が会社に通知されます。

その通知で会社にバレてしまい最悪の場合『リストラ』という可能性もゼロではありません。

 

そうするともう年間20万円以内に抑えるしかない、と断念する方も多くおられますが、実は会社にバレないように副業をする方法があります。

会社にバレないように確定申告をする

確定申告をする際に使用する確定申告書には2枚の用紙があります。

 

その2枚目の用紙には「住民税・事業税に関する項目」という欄があり、その欄の中には「住民税の徴収方法の選択」という項目があります。

 

その項目には、

・給料から天引き

・自分で納付

というどちらかを自分で選択できるようになっており、「自分で納付」にチェックを入れると会社に副業収入に対する住民税の通知がいくことはありません。

 

ですが、自分で住民税を市役所に支払わなけらばならないので注意しておきましょう。

会社でバレにくい副業を選ぶ

会社でバレないような副業は、個人でパソコンを利用して行うビジネスです。

自宅で簡単に作業が出来る仕事なのでバレにくく、報酬が給料所得ではないので会社にバレる心配もありません。

 

パソコン1つで手軽に出来るというのも副業しやすいポイント。

パソコンでの副業はこのようになります。

 

・クラウドソーシング(クラウドワークス・クラウドランサーズなど)

・ネットオークション

・アフェリエイト

・FX

・アドセンス

 

パソコンの副業はバレにくいですが、アルバイトやパートなどの副業は給料所得を得る仕事になります。

非常にバレやすいので注意しましょう。

副業をしていることを秘密にしておく

会社に内緒で副業している場合、副業のことを誰かに話してしまうことで、その人を経由し情報がばれてしまうことがあります。

 

いくら仲の良い同僚がいたとしても、飲みの席などで酔っ払ってうっかり上司にあなたが副業をしていることを話してしまうかもしれません。

 

これは会社内だけではなく、SNSでも同じ事が起こります。

会社に関係のない友人や知人がもし『副業上手くいってる?』なんてコメントを残してしまった場合、そのコメントを会社側に見られていたとしたら大問題になってしまいます。

 

副業のことは、家族の信用できる人に伝えるなどに抑えておきましょう。

まとめ

今回は、正社員の確定申告は副業利益が20万以下なら申告不要なのか、会社にバレないやり方を紹介しました。

 

現在、副業をされている方、あるいはこれから副業をしようと考えている方は慎重に行動することが必要になります。

 

・会社に通知がいきバレないように、先ほど紹介した確定申告方法を行う

・会社で副業していることがばれないように決して誰にも話さない事

 

その他にも、副業をして本業を疎かにしないことも大切です。

 

副業解禁の日も近いとされていますが、実際は副業を禁止にしている会社も多くあります。

会社にバレにくい副業を選び、バレないように対策をとっていきましょう。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

正社員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ