ネット副業がバレない方法とは?正社員の確定申告のやり方!

正社員の副業について

副業を始めてみたいと思っていても、会社にバレてしまうのが怖いと思っている方も多いのではないでしょうか。

また、「確定申告ってどうやってすればいいの?」と困っているケースもあるでしょう。

 

副業を認めている企業も増えていますが、副業がバレたら困るという場合もあります。

そのような場合でも、確定申告を正しく行うことで会社にバレる可能性を減らすことができます。

副業をする上では、確定申告の正しい方法を知ることも重要になってくるでしょう。

 

今回は、副業の中でも特に人気のネット副業がバレない方法や確定申告のやり方を紹介します。

最近では、ネット副業を行っている会社員も増えているので、今回参考にするバレない方法や確定申告のやり方を参考にしてみてください。

ネット副業でも確定申告が必要

ネット副業には様々な種類がありますが、アフィリエイトやクライドソージングなど自宅で行える副業がほとんどです。

自宅で行っていれば、誰にもバレないと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、自宅で行っているネット副業でも確定申告が原因でバレてしまう可能性はあります。

そこで、ネット副業でも確定申告が必要な理由について紹介します。

 

ネット副業がバレてしまう主な理由には、確定申告があります。

確定申告が必要なのに、確定申告をしないなくて会社にバレてしまうこともあるのです。

副業において、確定申告しないといけないケースは下記の二つです。

 

副業で20万円以上のアルバイト以外の所得(事業所得)がある

副業で20万円未満の所得だがアルバイト雇用(給与所得)の場合

 

ネット副業の場合は、確定申告を意識する人も少ないかもしれません。

ところが、ネット副業だとしても20万円以上の所得がある場合は、確定申告が必要になってくるのです。

 

確定申告が必要なのに確定申告をしていないと、「無申告加算税」や「延滞税」などを求められてしまうことがあります。

こういった無申告のペナルティで会社に副業がバレてしまうこともあるので、確定申告は絶対に行っておく必要があるでしょう。

ネット副業でも所得が20万円以上となる場合は確定申告が必要なので、忘れないようにしてください。

ネット副業が会社にバレてしまう理由

アフィリエイトやクラウドソージングなど、自宅で行えるネット副業ですが確定申告をしていてもバレてしまうことはあります。

確定申告さえしておけば安全ということではありません。

そこで、確定申告をしていてもネット副業が会社にバレてしまう理由を説明します。

 

自宅で行っているネット副業でも、住民税から副業が会社にバレてしまうことがあります。

基本的にサラリーマンの方は、給与から住民税が天引きされています。

そのため、住民税を払っていることをあまり意識していない方も多いでしょう。

 

しかし、この住民税が副業がバレてしまう要因となります。

住民税の金額というのは、所得によって変わってきます。

この所得には、本業だけでなく副業の金額も含まれてくるのです。

 

そして、他の社員よりも住民税が高いことで、何かしらの所得があることがバレてしまうでしょう。

自宅だけで行えるネット副業でも、住民税から会社にバレてしまうことがあります。

 

最近では副業を認めている会社も多いのですが、副業を禁止している会社もあります。

副業を始める前には、必ず就業規則を確認しておく必要があるでしょう。

過去には、副業がバレて解雇されたというケースもあります。

 

キャバクラ会計係などをしていた小川建設事件や貨物運送のアルバイトをしていた十和田運輸事件など、裁判にまで発展しているケースもあるので注意が必要です。

トラブルになる前に、会社の就業規則もしっかりと確認しておいてください。

バレないための確定申告のやり方

住民税から副業がバレてしまうこともありますが、バレる可能性を少なくする方法があります。

それは、住民税を自分で支払うことです。

 

確定申告のやり方で、住民税を自分で払うことも可能になります。

そこで、バレないための確定申告のやり方を紹介します。

 

確定申告をするときには、確定申告書類の住民税に関する部分に注目してください。

住民税に関する事項のところで、給与から差引きするのか、自分で納付するのかを選ぶことができます。

 

ここで、「自分で納付」を選ぶことにより、副業分の住民税は自分で納付をすることになるのです。

 

これにより、本業の会社の給料から天引きされることはありません。

ただし、自分で納付する方法については、市区町村によっても対応は異なってくるようです。

気になる方は、事前に確認しておいた方が賢明です。

 

また、「自分で納付」にチェックをしていても、市区町村役場の人がチェック漏れをしてしまう可能性もあるようです。

100%バレないとは言い切れないので、可能なら副業の許可を得ておく方が良いでしょう。

まとめ

アフィリエイトやクラウドソージングなどのネット副業は自宅で行えますが、確定申告を無申告でバレてしまうこともあります。

ネット副業でも所得が20万円以上の場合は、確定申告が必要なので注意しましょう。

 

また、しっかりと確定申告をしていても、住民税から副業がバレてしまうケースもあります。

しかし、確定申告のときに、住民税を「自分で納付」にチェックをすることで本業からの天引きを避けることができます。

 

これにより、本業にネット副業がバレてしまう可能性も低くなるでしょう。

会社にバレたくないと考えている方は、確定申告の際に住民税を「自分で納付」するようにしてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

正社員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ