正社員の副業が会社にばれたらどうなる?効果的な言い訳とは?

正社員の副業について

最近では副業をするサラリーマンも多く、副業を始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

副業を始めたいと思っても、会社にばれることが怖いという方もいます。

 

副業を許可する企業も増えてきていますが、副業が禁止されている会社もあります。

会社が副業を禁止している場合は、ばれてしまうとトラブルの原因になってしまいます。

副業を始めるなら、ばれてしまったときのことを考えるおくことも大切でしょう。

 

今回は、正社員の副業が会社にばれてしまったら、どうなってしまうのかについて説明します。

また、ばれてしまったときの言い訳も考えておくと良いでしょう。

 

今回紹介する内容を参考にして、副業を始めるかどうかの判断材料にしてください。

副業がばれてしまうと解雇されることも

公務員以外の正社員の方の場合、副業が法律で禁止されているわけではありません。

しかし、就業規則に規定されていることが多くなっています。

そのため、副業を始めたいと思ったら、まず就業規則の確認が必要になってくるでしょう。

 

就業規則で禁止していないのなら、よほど会社に迷惑をかける副業でない限り、会社にばれてしまっても問題はありません。

ところが、就業規則に副業禁止の規定がある場合は、話が変わってきます。

この場合は、戒告や減給、解雇などの処分の対象になってしまう可能性があるでしょう。

 

また、就業規則の中で、「事前に許可をもらって」などの条件付きで副業が許されているケースもあります。

その場合は、事前に上司などに確認をすることで、トラブルを避けることができます。

 

許可が必要なのに許可を得ていないときは、同じく処分の対象になってしまう危険があります。

過去には、副業がばれて裁判にまで発展したケースもあるので、副業が禁止されている会社では慎重になった方が良さそうです。

実際に副業がばれてしまった例

副業は会社にばれてしまったときに、トラブルの原因となってしまうこともあります。

気になるのは、実際に副業がばれてしまったときのことでしょう。

そこで、過去に副業がばれてしまった例を紹介します。

 

まず、最初に挙げたいのは、東証一部上場の商社に勤めていた社員の副業がばれてしまった事例です。

この方は、インターネットで副業をするネットビジネスを行っていました。

具体的には、自分の作ったコンテンツを販売するネットビジネスだったようです。

 

この副業が上手くいきすぎて、そのジャンルでは有名なものとなってしまいました。

有名になったことから、会社の人事に報告がされ副業がばれてしまうことになりました。

そして、会社の上司から呼ばれると「副業を続ける場合は、何らかの処分を下す」と言われてしまいます。

 

そこで、この社員の方は副業を辞めて、会社に残ることを選びました。

結果的に副業を辞めたことで、処分は何もありませんでした。

これは、すぐに副業を辞めることで、解雇などの処分を回避できた事例です。

 

次に紹介したいのは、小川建設事件という裁判にまで発展した事例です。

この事例では副業として、18時から0時までキャバクラの会計係などをしていました。

キャバレーという水商売に従事することが会社のイメージを損なうという観点で、解雇されてしまいます。

 

また、就業時間外とはいえ翌日の就労に影響を与えるような長時間勤務だったことも、解雇の理由の一つとなっているでしょう。

副業とはいえ、本業に支障をきたいしてしまうと会社も黙ってはいません。

トラブルを避けるためにも、本業に支障をきたさないような副業を重要となってきます。

副業がばれたときの言い訳は?

副業を始めるなら、事前にばれてしまたときの言い訳を考えておくことも大切です。

特に上司や同僚にばれてしまったとき、「本気で副業をしていない」といいアピールが有効でしょう。

 

あくまでも、本業が最優先であるということを伝える必要があります。

そこで、具体的に有効な言い訳の例を紹介します。

 

本業が最優先であることを伝えることが重要なので、「趣味の1つとして休日の空き時間にやっています」という言い訳が効果的です。

この言い訳でポイントとなっているのが、副業の優先度が低いという点と趣味として行っているという点です。

本業には全く支障をきたさないというアピールにもなるでしょう。

 

また、会社へ悪影響がないことを伝えるために、「会社に迷惑をかけることは一切ありません」といった言い訳も有効です。

この言い訳なら、副業が本業に全く関係がないことがわかるでしょう。

 

さらに、副業が本業のためだとアピールする方法もあります。

「副業で学んだことを仕事に生かせます」と伝えれば、副業が本業にも生かせていることがわかるでしょう。

副業が本業でもプラスに働いているというアピールになります。

 

そして、回数を制限することも有効な言い訳の方法です。

「友人が体調を崩してしまい、今月だけ働いています」といった期間限定をアピールするのも有効でしょう。

継続性なしを判断してもらうことで、副業が本業に支障をきたさないことを伝えることができます。

 

これらの言い訳を参考にして、副業がばれたときのための準備も怠らないようにしましょう。

まとめ

副業は就業規則で禁止されていない場合は問題ありませんが、禁止されているとばれてしまったときに処分の対象になってしまいます。

過去には、副業がばれて解雇されてしまったケースもあるので注意が必要でしょう。

 

副業がばれてしまたっときの言い訳を事前に考えておくことも大切です。

今回紹介した言い訳を参考して、副業がばれてしまったときもトラブルを回避できるようにしましょう。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

正社員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ