正社員の副業が会社にバレない方法とは?日払いや手渡しなら大丈夫?

正社員の副業について

以前は大手に就職すれば安泰だ、何て言われていましたが、最近はどこに就職していても一生安泰とは限らないですよね。

そういった背景もあり、自分で老後の資金を貯めないといけないと、会社に内緒で副業を始めている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし一般的に、副業すると会社にばれる可能性が高くなると言われていますよね。

 

今回は正社員の方がなるべくばれずに副業する方法、日払いや手渡しの副業は本業の会社にばれないのかどうか、を紹介していきます。

正社員の副業が会社にバレない方法とは?

正社員の副業が会社にバレないようにする方法なんてあるのか、と思いますよね。

実はあります。

 

その方法とは、副業を雑所得や事業所得に分類される職業を副業にすることです。

 

まず雑所得は給与所得、事業所得、不動産所得に当てはまらない場合の副業を指します。

例えばライターや、ブロガー、講演活動する人などは雑所得に分類されます。

 

対して事業所得とは、事業として営んだ結果、得られている所得となります。

なので事業所得になるには、安定した収入がある、長期間しているなどの条件がつきます。

 

この2つのものに関する職業だけが、副業をしていても本業の会社にばれることなく確定申告を行えるということになります。

 

そしてこの申告の方法ですが、以下の2つに別れます。

雑所得、事業所得が年20万円以下の場合

雑所得、事業所得が年20万円以下の場合の副業で必要なのは、住民税の申告だけになります。

 

20万円と言っても、副業にかかった経費を引いてでた金額なので、全体の稼ぎが20万円を超えていても差し引いた額が20以下なら、住民税だけの申告となります。

 

その場合、住民税の申告書に、住民税の徴収方法という欄があるので、そこを”自分で納付する”を選択します。

副業ででた住民税は自分の家に届くことになるので、会社にばれる心配はなくなります。

雑所得、事業所得が年20万円以上の場合

稼いだ金額から経費を引いた額が20万円以上の場合、今度は所得税を支払うことになります。

 

ただ所得税を支払う場合は、住民税の申告は不要となります。

なぜなら所得税を支払った時点で、各自治体に所得税の履歴が行くので住民税が分かるからです。

 

この場合も20万円以下の時と同様に、住民税の収め方という欄があるので、自分で納付するを選びます。

こうすることで住民税の納付書が自宅に届くようになり、会社にはばれません。

副業が本業にばれてしまいやすいもの

以上のことから、雑所得や事業所得に当てはまらない副業は、申告の時にどうしてもばれてしまうということが言えます。

 

逆に言えば、雑所得や事業所得に当てはまらないものとしてあげられるのは、給与所得になっているものです。

アルバイトやパートなどはこの部類になります。

 

この部類の副業は、給与所得となるので、給与を与える人はアルバイトやパートに給与支払報告書を作らないといけません。

これは本業の会社でも作られるもので、本来なら副業禁止の会社に勤めている人なら1枚のはずのものです。

 

しかし給与所得に分類される副業をしているので、給与支払報告書が2枚になって市区町村に提出されます。

 

そしてこれらは合計され、本業である会社に届きます。

当然副業分の住民税も追加されているので、この副業をしている人の住民税は他の人より多くなります。

 

市区町村から直接、この人副業していますよ。

という通知はありませんが、住民税が人より多いのを経理の人が見つけてしまうと、副業しているのではと怪しまれます。

そこから追及されて副業がばれる可能性が高くなります。

 

なので週末に喫茶店でバイト、コンビニでアルバイトという場合は、本業の会社にばれやすくなってしまうということですね。

日払いや手渡しならどんな副業でも大丈夫?

ここまでで雑所得と事業所得に分類される副業では、本業の会社にばれないようにする方法があることが分かりました。

 

でも給与所得型の副業でも、日払いや手渡しならばれないのではないか、と思いますよね。

これもばれてしまう可能性が高いです。

 

なぜなら手渡しで給料が渡されたにしても、副業の会社側が給与支払報告書にいくら渡したと記録していれば、先ほど書いたように本業の会社にばれてしまいます。

 

逆に言うと、この給与支払報告書に書かれていなければ、ばれないということも言えますね。

しかしほとんどの場合、報告書は作成されているので、日払いや手渡しだから安心というわけではありません。

 

とにかく人に雇われている状態の副業では、会社にばれずに仕事することはかなり難しいということがわかりました。

まとめ

今回は本業の会社に副業がばれないようにするにはどうすればいいのか、をまとめました。

 

雑所得や事業所得の副業の場合は、住民税の申告をしっかりすることで、本業の会社にばれずに済む可能性が高いです。

 

今からこつこつと副業を始めて、将来安心して歳をとりたいですよね。

副業を始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

正社員の副業について
サラリーマンの為の副業ブログ