主婦が起業したら夫の扶養から外れる?扶養に入ったまま起業は可能?

起業について

今では主婦が起業をするというのは珍しいことではありません。

現在専業主婦として日々過ごしている人の中にも起業を考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、起業するとなると夫の扶養から外れてしまうのかどうか気になるところですよね。

下手に起業をしてもしも扶養が外れるとなったら起業に対して積極的に取りくめません。

扶養に入ったまま起業することが可能なのか理解してからの方が、安心して起業できるかと思います。

 

そこでこれから主婦が夫の扶養に入ったまま起業ができるのかどうか詳しくご紹介していきたいと思います。

扶養に入りながら起業はできる?

結論から言ってしまうと主婦は扶養に入りながら起業をすることができます。

そのため起業をしたからと言って夫の扶養から必ずしも外れてしまうわけではありませんのでご安心してください。

扶養に入っていると夫の税金の負担が軽くなったり、主婦である妻も社会保険料の負担無く加担できたりと良いことづくめなのでこれはありがたいですよね。

 

ただしパートでの扶養と、起業した場合の扶養は多少変わっていきます。

これからこれについて詳しく解説させていただきます。

扶養の種類

扶養というものは1つではないことはご存知でしょうか?

・税金
・社会保険

主な扶養はこの2種類となります。

それぞれについて解説させていただきます。

税金

税金はパートの場合は103万円以下となります。

ですが、起業をして個人事業主となった場合は少し変わってくるんです。

起業した個人事業主の場合は年商103万円以下とは限りません。

 

 

さらに所得税住民税で細かくわけられているのが特徴です。

所得税

そもそも所得とはなんなのかご存知でしょうか?

所得というものは収入から必要経費を引いてでた利益のことです。

そしてその所得が38万円を超えると扶養の範囲を超えてしまいます。

 

なので、例えば収入(売上)が100万円だったとしても経費に72万円かかった場合は、

100万 -72万 = 38万

となるので扶養の範囲を超えないんです。

極端な例となりましたが、この場合は夫の扶養から外れません。

 

さらに確定申告のさいに白色申告ではなく青色申告をした場合はもう少し変わってきます。

青色申告で申告をした場合は65万円の控除を受けることができるんです。

そのため収入から経費だけでなくさらに65万円を引くことができるので覚えておきましょう。

 

注意点としては青色申告控除を受けるためには事前に税務署で手続きを踏んでおく必要があります。

そのため起業をするとなったら早めに手続きをしておくのが良いと思われます。

住民税

住民税は所得税と違い、所得が38万円を超えたら扶養が外れるわけではありません。

実は住んでいる市区町村によって違ってくるので気をつけましょう。

 

そのため所得がいくら超えたら扶養が外れてしまうのかをしっかり確認しておく必要があります。

わからなければ税務署に尋ねれば丁寧に教えてくれるので積極的に利用してみてください。

社会保険

社会保険はパートだと年収130万円以下となります。

こちらも健康保険国民年金によって特徴が違ってきています。

 

ちなみにですが、青色申告での控除は税金での話なので社会保険には適用されないので気を付けてください。

健康保険

健康保険と一口に言っても、入っている健康保険によってまた扱いが違ってきます。

例えば国民健康保険健康保険組合共済組合などなど全部同じ扱いになるとは限りませんので気をつけましょう。

 

これに関しては聞いてみないことには判断がつかないので、各自加入しているところに聞いてみましょう。

場合によっては起業をしたということだけでNGになってしまう恐れがあることも認識しておいてください。

国民年金

国民年金は年収130万円以下であれば扶養が外れることはありません。

さらに所得で計上することができるので、経費を引くことができるので覚えておきましょう。

扶養に関する正しい知識を身につけよう

どれがいくらから扶養が外れてしまうのかというのは非常に複雑です。

しっかりと扶養に関する知識を身につけていないと、家計に打撃を与えてしまう恐れがあります。

せっかく起業をしたのにこれでは意味がありません。

 

もしも起業をしてから誤った知識から扶養が外れてしまったら面倒ですよね。

さらにその手続きも複雑なものなので、夫の加入している組合に迷惑をかけてしまうことも考えられるでしょう。

 

そのためそういったトラブルを避けるためにも主婦の方が起業をするのであれば、まずは扶養に関する正しい知識を身につけるようにしましょう。

複雑なことばかりなので、わからなければ専門機関に色々聞いてみてください。

まとめ

主婦が起業をしたからといって夫の扶養が必ずしも外れるわけではありません。

ただしそれは扶養の範囲内の収入を超えた場合は別です。

 

扶養に関する正しい知識を身につけて、扶養が外れない起業をするようにしましょう。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

起業について
サラリーマンの為の副業ブログ