当てはまったらやめとけ!絶対に起業してはいけない人の特徴を4つ紹介!

起業について

今は会社勤めだけれど、将来的に起業をして、自分の好きなことで食べていきたいと密かに憧れているサラリーマンがここ最近増えているそうです。

 

SNSが普及したことによって、世の中には起業をして簡単に稼いでいる(ように見える)人が、こんなにもたくさんいるのだと身近に感じられるようになったことも要因の一つでしょう。

 

「もしかしたら私も起業をして稼げるようになるかも…?」

そう思いたくなるくらい、ネット上では成功者が目立ちます。

 

しかし実際の統計を調べてみると、起業した会社の5年後の生存率は15%、10年後は6%ともいわれています。

起業をすることは簡単にできても、事業を継続していけるのは本当に一握りの少数です。

 

起業をしても成功する人と失敗する人がいる。

この違いはどこにあるのでしょうか。

絶対に起業をしてはいけないのは、どんな特徴の人でしょうか?

起業に向いていない人の4つの特徴とは?

起業や独立に向いていない人には、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

行動・決定が遅い人

起業をするとさまざまな壁にぶちあたります。

すべての重要事項の決定権は起業をした経営者であるあなたにあるのです。

 

事業を始めたばかりのときは、考えてみたけれどわからないということが多いものですが、それでも決定していかないと物事は前に進みません。

いくら考えてもわからないことに時間を費やしていても、結局は堂々巡りで時間だけが過ぎていき、正しい答えは見つかりません。

 

もちろん何も考えずに結論を出すことはいけませんが、答えが見つからないときは時間をかけすぎずに早く結論を出すことが大切です。

 

事業を続けていく上で失敗を恐れて何もできないことは致命的です。

「考えすぎて決定が遅い」よりは、「早く結論を出しすぎて失敗してしまった」方が、次の成功につながる体験になるのです。

ストレス耐性がない人

起業をすると、とてつもないストレスがかかります。

 

起業をしてみたものの思ったよりも売り上げが上がらない、貯金はどんどん減っていく…などの金銭的なストレスは、起業する前に想定していた以上のものです。

 

最初から事業がうまく場合もありますが、最初はうまくいっていたのに2年目3年目にうまくいかなくなった、ということもあります。

 

もちろん事業計画がしっかりしていることが前提ですが、その時に楽観的にプラス思考にものごとを考えられないと、目に見えないプレッシャーやストレスに押しつぶされてしまうでしょう。

 

金銭面だけではなく、人間関係のストレスも相当なものです。

一緒に起業した仲間、取引先の担当者、雇い入れた従業員など、人間関係は必ずついてまわるし、トラブルになった時のダメージは、ある意味金銭関係のダメージを上回りますよね。

 

これらの人間関係でトラブルがあったときに、深刻なりすぎず、ストレスをうまく発散できるタイプの人でないと、病んでしまう可能性すらあります。

 

人にはストレスに強いタイプと弱いタイプがいますが、ストレスに弱くいつまでもクヨクヨしてしまう人は起業には向いていません。

今の仕事がつらいから起業したいと思っている

何をやるか、何をやりたいかが決まっていないけれど、今の仕事がつらい、またどこかで雇われて働くのがイヤだから起業をしてみるという軽い気持ちでは事業がうまくいくわけがありません。

 

今は会社勤めをしているけれど、仕事を辞めて自由に好きなことをすれば成功できるはずという希望だけで起業しようと考えている人は、起業してもうまくいかないのでやめましょう。

素直じゃない人

自分のことを「素直じゃない性格」と認められる人もあまり多くはないと思いますが、素直に人のアドバイスを実行できない人は起業に向いていないことが多いようです。

 

成功している人にアドバスをされたときに、すぐにアドバイス通り実行に移す人と、なんだかんだと理由をつけて先延ばしにする人に分かれますよね。

成功している人に言われたことを素直に実行に移せる人は、起業したときに結果が早く出る可能性が高い人。

 

基本がまだできていないのに素直になんでも吸収できない人は、起業しない方がいいでしょう。

起業してはいけない人の特徴に当てはまると思ったときは

サラリーマンをやめて起業をしたかったけれど、絶対に起業をしてはいけないタイプに自分が当てはまると思ってしまったときはどうしたらいいか。

 

現在の職場がイヤで独立起業をしたいと思っている場合は、転職をすることで悩みが消えて起業をしたいという気持ちが消えることもあります。

自分は起業に向いていないと思ったら、まずは転職をしてみましょう。

 

今よりもお金を稼ぎたいという理由だけで起業をしたいと思っているなら、会社を辞めずにまずは副業として起業をする方法がおすすめです。

実際に起業をしてみて「やっぱり自分は向いていなかった」とわかれば、それはそれで儲けもの。

 

人には向き不向きがあります。

起業に向いていないと思ったら、向いている仕事でさがしてそこで活躍すればいいのです。

まずは副業でさまざまな職種を経験してみてはどうでしょうか。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

起業について
サラリーマンの為の副業ブログ