起業の失敗率とは?失敗したらその後はどうなる?副業からなら安心?

起業について

せっかく起業したのですから、成功したいと思うことは当たり前だと思いますが、皆さんは起業の失敗率についてご存知でしょうか?

 

ネガティブに聞こえるかもしれませんが、この失敗率についてきちんと把握しておくことが、この先の成功へのヒントになるかもしれません。

 

そこで今回のお話は、起業の失敗率とはどんなものか?ということや、失敗したその後はどうなるのか?などについてお話ししていきます。

起業の失敗率とは?

起業の失敗率と聞いても、何をもって失敗、成功なのか?というのはなかなか難しいですよね?

 

ただ、簡単に考えれば、長く存続し続けている会社というのは成功していると言えるのだと思います。

ですから、【会社の継続年数=成功率】と考えられるので、その逆の【会社倒産までの年数=失敗率】と考えられます。

 

では、実際の起業失敗率はどの程度なのでしょうか?

起業10年以内の失敗率は90%以上?

起業をして、それを長く続けるというのはとても難しいことです。

下記に起業後の存続率をまとめてみましたので、チェックしてみて下さい。

 

1年未満 : 約40%

5年未満 : 約15%

10年未満 : 約6%

30年以上 : 約0.2%

 

上記を見ていただけるとお分かりいただけるように、起業して10年以上続けることができるのは、わずか6%程度であるということがわかります。

つまり、94%ほどは倒産や廃業しているということです。

 

もちろん長く続けて売上を上げ続けることが理想ではありますが、なかなか難しいのが現状です。

94%の中に入らないためにも、起業前からしっかりと計画をして、間違えのないようにしていく必要があります。

 

そのためにも、日々の勉強(インプット)を行い続けていくことが重要になってきます。

起業失敗!その後はどうなる?

せっかく起業をしたとしても、先程もお話したとおり、ほとんどの方が廃業、倒産をしてしまいます。

夢を追って起業をし、それがなくなってしまったら、その後はどのような人生を歩むのでしょうか?

 

ここでは、起業失敗後どうなっていくのかについてお話ししていきたいと思います。

再就職する

起業に失敗した後のケースで、最も多いのが再就職をするということではないでしょうか?

 

当然のお話しではありますが、起業に失敗をしたとしても、その後日々の生活は送って行かなければいけませんし、起業をする際に借金などをしている場合は、それを返済していかなければいけません。

そのために、再就職をするという選択をする方は少なくないと思います。

 

ただこの再就職、その時の景気や自分の年齢が大きく関わってきます。

 

当然、年齢が若いほうが有利ですし、景気が良いほうが有利です。

自分に合った仕事をゆっくり探すのも長く勤めていくにはとても重要なことではありますが、そこで悩んで時間だけが過ぎていってしまうのは、せっかくのチャンスを逃してしまうことになってしまいます。

 

ですから、起業に失敗をしたとしても、早めに行動を起こすことをオススメします。

再度起業にチャレンジする

例え起業に失敗をしたとしても、また再チャレンジする人も少なくないと思います。

特に若い方や、ネットビジネスなどコストを抑えて起業できる業種を選んだ方は、すぐに再起業する方も多いのではないでしょうか?

 

再起業する方の強みは、前回の失敗をしっかり分析し次の仕事に活かすことができるということです。

前回はどこがだめだったのか?どこを直すべきなのか?をしっかり研究することで、次の起業の成功率がグッと高くなると言えます。

 

ですから、日々仕事で起こる事を事細かに分析できるように常に準備をしておくことがとても重要になってきます。

破産をしてしまう

起業失敗のその後のケースで最も悪い方向にいってしまうのが、破産をしてしまうということです。

 

起業の際に借金をしてしまったり、少し業績が落ちてきて資金繰りが厳しくなってきたので、借金をしてしまうという事はごく普通に起こりうる事です。

 

その際にどのくらいの規模の借金をするかにもよりますが、多額の借金をしてしまった場合、先程お話した再就職をしたからといって、返していけなくなる可能性もあります。

そうなってしまうと、どうすることもできなくなってしまい、結果破産をしなければならなくなってしまいます。

 

ですから、起業をする際には十分な資金をあらかじめ用意しておいたり、借金をしなければならない状況になったとしても、最低限で済むように考えていくことが大切です。

副業から起業をすれば安心?

ここまで、起業の失敗率や失敗してしまった場合、どうなってしまうのかについてお話ししてきました。

起業が失敗してしまう理由として特に多いのが、資金繰りが上手くいかないということと、勉強不足が挙げられると思います。

 

この勉強不足、副業としてしばらく活動をしてから起業することで、解消されるのではないでしょうか?

 

ここでは、副業から起業すれば安心なのかについてお話ししていきます。

失敗率は下がるが安心ではない

副業としてある程度の経験を積んでから起業するということは、先程のお話しにもあった、勉強不足を解消し、失敗率を下げることに繋がります。

では、副業という下積みを積んでから、起業するというのは安心なのでしょうか?

 

正直、いくら副業という下積みを積んだからといって、安心か?と言われれば決してそうではないと思います。

 

ただ、起業する方にとって、失敗率を下げるというのは、非常に大切です。

先程のデータでもあるように、起業して10年以上続けられる確率はわずか6%です。

その6%に入るために、副業から下積みをしっかりするということは非常に重要なことだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

データだけを見てしまうと、起業して成功するというのはとても難しいと感じたのではないでしょうか?

ただ、今回お話した失敗率をきちんと把握し、そうならないために対策をしっかりと練っていくというのは、とても大切なことであると思います。

 

今回のお話しを少しでも参考にしていただいて、成功へのヒントにしていただければと思います。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

起業について
サラリーマンの為の副業ブログ