個人事業主でも再就職手当はもらえる?条件や提出書類とは?

起業について

皆さんは、失業保険という言葉をご存知だと思います。

会社を退職し、次の就職先が決まるまでの間の一定期間、100%ではないですが、給与等に相当する金額を保証するという制度のことです。

 

この失業保険という制度には、退職後早期に再就職をすることでもらうことあできる【再就職手当】というものがあるのをご存知でしょうか?

 

この再就職手当、早期に再就職することを条件にもらうことができるというのはわかりますが、退職後、再就職ではなく個人などで起業をする人はもらうことはできないのでしょうか?

 

答えは、もらうことができます。

 

そこで今回は、個人事業主が再就職手当をもらうための条件や、その提出書類にはどんなものがあるのかなどについてお話ししていきたいと思います。

個人事業主の再就職手当給付の条件や注意点は?

先程のお話しのとおり、会社を退職後、個人事業主として起業しても再就職手当はもらうことができます。

しかし何もしなくてももらえるというわけではなく、条件があります。

 

ここでは、個人事業主が再就職手当をもらうための条件や、どのくらいの金額をもらうことができるのかについてお話ししていきたいと思います。

再就職手当の給付条件とは?

再就職手当をもらうためには条件があり、その条件をすべて満たす必要があります。

下記に条件をまとめてみましたので、チェックしてみて下さい。

 

・過去3年間で再就職手当を受け取っていない
・雇用保険の被保険者になっている
・退職から7日(待機期間)を過ぎた後で、新しい仕事に就いている
・新しい仕事に就いた日の前日時点で、失業保険の支給残日数が、
総給付日数の3分の1以上残っている
・1年以上働き続ける予定である
・退職した会社の事業主とは全く関係のない会社に就業している
・失業保険の手続きを行う前に、内定を受けていない

 

これらの条件を見てみると、全てを満たすというのがなかなか厳しいというのもおわかりいただけると思います。

 

なお、自己都合で会社を退職した場合は、7日間の待期期間を終えたあと1カ月間は、ハローワーク等の職業安定書で紹介された会社に就職しなければ、受給の対象外となってしまうなど、特殊なケースもありますので、注意しましょう。

個人事業主が再就職手当を受ける際の注意点

個人事業主は、開業届を提出することで再就職となりますが、その個人事業主が再就職手当をもらうためにもっとも注意しなければならないのが、【1年以上働き続ける予定である】という部分です。

 

自身で起業をするわけですから、極端な話、事業として動いていないとしても1年継続させるというのは難しくありません。

 

ただこれでは不正受給になってしまうので、ハローワークには、1年間業務を続けられることの証明をすることが必要になってきます。

この証明が、【1年以上働き続ける予定である】という部分になるというわけです。

 

起業したばかりでは、1年間の継続証明というのは難しい部分もあると思いますが、言われた時にすぐに出せるよう、準備をしておくようにしましょう。

 

その他、わからないことがある場合には、早めにハローワークに相談することをオススメします。

再就職手当はどのくらいの金額をもらえる?

再就職手当は、通常の失業保険とは違うため、もらえる金額も少し違いあります。

では、一体どの程度の金額をもらえるのでしょうか?

基本手当の満額はもらえない

再就職手当は、通常の失業保険とは違い、早期に再就職をしていますから、失業保険の基本手当満額をもらうことはできません。

ですから再就職手当は、支給残日数に応じて一定の割合を差し引いた金額になります。

 

下記に計算方法をまとめてみましたので、チェックしてみてください。

 

・所定給付日数の3分の1以上残っている場合 : 支給残日数×基本手当の支給残日数の6割

・所定給付日数が3分の2以上残っている場合 : 支給残日数×基本手当の支給残日数の7割

 

また、一日あたりの金額にも、上限が設けられており、60歳未満の場合5885円、60歳以上65歳未満の場合4770円となります。

 

自身が受け取れる金額をしっかりと計算しておくようにしましょう。

個人事業主が再就職手当の手続きをするために必要な書類とは?

ここまでのお話しで、個人事業主でも再就職手当をもらえるということはおわかりいただけると思います。

では実際に手続きをするためには、どのような書類が必要なのでしょうか?

個人事業主の再就職手当申請に必要な書類とは?

実際に再就職手当の申請をしたいと思っても、どんな書類が必要なのかというのはなかなかわからいものですよね?

下記に必要書類をまとめてみましたので、忘れずに用意するようにしましょう。

 

・再就職手当支給申請書

・雇用保険受給資格者証

・業務委託契約書など

・印鑑

 

再就職手当支給申請書はハローワークでもらうことができます。

また、業務委託契約書は先程もお話した、1年間業務の継続が可能であることの証明に必要で、この他にもクライアントとの契約書など認められるものは様々ですので、予めハローワークで確認しておくのがいいと思います。

 

他にも印鑑証明書が必要な場合もありますので、手続前にかならず確認するようにして下さい。

まとめ

再就職手当と聞くと、起業した人は当てはまらないと思ってしまうと思います。

ただ起業をしたとしても、きちんと申請をすることでそれら給付金をもらう権利はあります。

 

1年間業務が継続できる証明など、手間が増えることもあると思いますが、しっかりと準備をして、申請するようにしてください。

 

今回のお話しを少しでも参考にしていただいて、気になる点やわからない点は早めにハローワークに相談するようにして下さいね。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

起業について
サラリーマンの為の副業ブログ