副業で週末だけ喫茶店を営業したい!自宅でする場合どんな許可が必要?

起業について

普段はサラリーマンをしているけれど、夢である喫茶店の経営もしてみたい!と思う方にオススメなのが、休みである週末だけ副業として営業をする【週末カフェ】です。

 

ただ、週末だけの営業なのに、どこかに店舗を借りて営業をするのはもったいないと思う方も多いと思います。

そういった時に考えるのが、自宅で営業できないか?ということではないでしょうか?

 

店舗を借りるよりもコスト的にも優れてますし、週末だけの営業であれば、自宅のほうが無理なく働けるなどメリットも多い自宅での営業。

しかし、実際に開業しようと思っても、許可などどうしたらいいのかわからないという方も多いと思います。

 

そこで今回は、自宅で副業として週末だけ喫茶店を営業するためには、どんな許可が必要なのか?などについてお話ししていきたいと思います。

自宅で週末だけ喫茶店を営業!どんな許可が必要?

週末だけの月数回の営業、場所は自宅、そのような条件で喫茶店を営業する場合、そもそも何か許可は必要なのでしょうか?

 

答えは、もちろん必要です。

 

では、実際にはどんな許可が必要なのでしょうか?

自宅で週末だけ喫茶店を営業するためには、以下の許可・届出が必要になります。

 

・飲食店営業許可

・食品衛生責任者

※建物に対して営業スペースが大きい場合には、消防の許可も必要になる場合もあります。(店が対象になるかどうかは、消防署に確認するようにしましょう。)

 

見ていただくとお分かりいただけるように、大きく分けると2つだけということになります。

 

ではこの2つ、実際にどのようなものなのか?また、どのように取るのか?次からお話ししていきたいと思います。

飲食店営業許可

この飲食店営業許可は、管轄の保健所に申請し、検査に合格することで取ることができます。

許可申請には、申請費用がかかり、喫茶店ですと、11500円かかります。

この検査、一体どこをどのように見るのかというと、一定の基準があります。

 

その基準を簡単に下記にまとめてみましたので、チェックしてみて下さい。

 

・調理場とホールが仕切られている事(ウエスタンドアなど)

・シンクが2槽以上有る事(食器洗浄機は1槽扱い)

・調理場に手洗い、石鹸液が完備されている事

・給湯器が有る事

・食器棚に扉が付いている事

・調理場、冷蔵庫に温度計が付いている事

・フタ付きのゴミ箱が有る事

・トイレに手洗い石鹸が有る事

 

保健所は、飲食店などから食中毒を出さないために必要な事を検査していきます。

上記の基準を全て満たしていないと、再検査となってしまい、いつまでたっても許可をもらうことができなくなってしまいます。

 

また、通常の飲食店であれば、上記の基準を満たすように初めから作っていくことができますが、自宅となるとそうはいかないので、基準に合わせて階層が必要になってきます。

食品衛生責任者

喫茶店などの飲食店を開業するに際には、食品衛生法で定められた衛生の知識を持った者を責任者としなければならず、その証明に必要な資格がこの、食品衛生責任者です。

調理師などの資格を持っている場合には、新たに取る必要はありませんが、そうでない場合には必ず必要になります。

 

食品衛生責任者は、管轄の保健所にて申し込みをすることができ、約半日の座学を受けた後、テストをして合格すると取ることができます。

座学とテストの流れは以下の通りになります。

 

・衛生法規 : 2時間

・公共衛生学 : 1時間

・食品衛生学 : 3時間

全ての座学が終了後に、約1時間のテストがあります。

 

全ての座学が終了し、テストに合格すると、修了証や食品衛生責任者名札をもらうことができ、食品衛生責任者名札は責任者の名前を記入し店に掲げ、修了証は保健所の申請の時に必要になります。

 

この食品衛生責任者の資格は、受講料に10000円かかりますが、その日のうちに取る事ができるので、早めに申し込みをして予め取っておくようにしましょう。

消防に必要な届出

先程もお話したとおり、建物に対して営業スペースが多い場合には、消防の検査も受けなければなりません。

その際に必要な届出というのが、「防火対象設備使用開始届」と「火を使用する設備等の配置」です。

 

これらには、資格者がいることが必要であったり、施設などに対して要件があったりすることもあり、どういったケースが対象なのかというのは、それぞれに違いがあります。

早めに管轄の消防署に確認をして、必要書類等を用意するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

自宅で週末だけ喫茶店を営業するための許可や届出については、お分かりいただけたかと思います。

自宅で営業できるというのは、店を借りるなどのコストを抑える事ができたり、アットホームな雰囲気を作りやすかったりと、何かとメリットも多いのが特徴です。

 

ただ、副業で週末だけだからと許可を取らずに営業してしまうお店があるのも実情です。

そういった事はもちろん違反ですし、指摘されてしまうと営業停止など、せっかくの機会を逃す結果になってしまいます。

 

今回のお話しをしっかりと理解し、早めに準備に取り掛かることで、それらリスクを回避することができますので、大丈夫と思わず、きちんと準備をしていって下さいね。

好きなときに10万円稼げる副業を公開中

・会社の給料が少ない
・収入を増やしたい
・起業したい
・好きなときに稼げる副業をしたい
・いまの仕事を辞めたい

そんな悩みを抱えている方に朗報です!

自分の好きな時に年間100~500万円稼げるオススメの副業があります!

その詳しい稼ぎ方を無料で公開中。

詳しい稼ぎ方は以下のボタンから今すぐチェックしてください!

起業について
サラリーマンの為の副業ブログ